読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「怪獣墓場」 『ウルトラマン』制作第35話

ウルトラマン

「怪獣墓場 -亡霊怪獣シーボーズ登場-」

ウルトラマン』制作第35話

1967年3月12日放送(放映第35話)

脚本 佐々木守

監督 実相寺昭雄

特殊技術 高野宏一

 

亡霊怪獣 シーボーズ

身長 40m

体重 3万t

怪獣墓場から月ロケットに乗って地球に落ちて来た。怪獣墓場に帰ろうと悪戦苦闘するが途中で諦めていじけてしまう。最後はウルトラマンロケットに乗って帰って行った。

名前の由来は「海坊主」から。

 

物語

宇宙のウルトラゾーンの中で怪獣墓場を発見した科特隊。今まで倒してきた怪獣達を弔おうと怪獣供養が行われる中、またまた怪獣が…!

 

感想

佐々木・実相寺コンビによる『ウルトラマン』最終作。今まで何度か語られてきた「怪獣は倒すべき敵か?」と言うテーマに決着を付けた話。

怪獣とは悪ではなく、人間とは姿形が違い人間より力があり過ぎる為に倒されてしまう存在。それが『ウルトラQ』から問い続け、『ウルトラマン』が出した答えだった。そしてウルトラマンは「許してくれ。地球(人間)の平和の為、やむなくお前達と戦ったのだ」と心ならずも葬った怪獣達に詫びる。この瞬間、勧善懲悪と言うヒーローの図式は完全に崩れ去った。

 

「まぼろしの雪山」でも書いたが、これ以降の怪獣は侵略者の手先か外宇宙からの脅威となった。『ウルトラマン』においても、これ以降の怪獣は単なる脅威としてしか描かれていない。(唯一の例外は再登場したピグモンのみ)

たまに人間社会の犠牲者としての怪獣が出てくるが今回の結論を越えたものは少ない。ただし『ウルトラマンT』は「人間と怪獣は共存できるのか?」と言う展開を取り入れる事で今回の結論を越える事が出来たと言える。

 

夕焼けをバックにしたシーボーズのシルエットがゴジラに見える。ひょっとしたら、シーボーズは骨となってしまったゴジラをイメージしたのではないだろうか? 脚本ではシーボーズは海坊主のように海から出て来るとなっていた。まさしくゴジラ出現とイメージが重なる。シーボーズゴジラを初めとするあらゆる怪獣の亡霊だったのではないだろうか?

 

宇宙のウルトラゾーンにある怪獣墓場。

ウルトラゾーンとは『ウルトラQ』のアンバランス・ゾーンみたいなものだろう。ウルトラマンによって宇宙に追放されたと言う意味がよく分からないが、ここで言う宇宙とは地球(地上)以外、つまり、あの世を表していると思われる。怪獣墓場とはこの世とあの世の接点なのだ。

因みに怪獣墓場にはケムラーアントラーネロンガピグモン等が確認されている。

 

ハイドロジェネレードロケットを装備したばっかりに宇宙にまでパトロール範囲が広がった科特隊。過労が心配だ。もっとも今回の話を見る限り、そんなに毎日怪獣が現れるわけではなさそうなので、案外いい暇潰しになっているのかもしれない。

 

ジェットビートルは地上攻撃も出来る。それにしても今回はかなり撃ちまくっている。今回の話で一番街を破壊したのはシーボーズではなく科特隊だ。

 

実相寺監督作品のハヤタ隊員はろくな目に遭わない。「真珠貝防衛指令」や今回は怪我をするし、「恐怖の宇宙線」は川に流されるし、「地上破壊工作」では地底人に拉致されてしまった。

 

今回はウルトラマンが1話に3回も見られる唯一の話。

シーボーズを説得するウルトラマンだったが、3分しか時間が無いからと言って凄い無理矢理な説得w ウルトラマンコスモスなら、もっと優しく説得してくれるだろうに…。

ウルトラマンロケットはあまり意味が無かったような気がする。

 

「怪獣墓場。どこへ行っても嫌われる怪獣にとって、平和で静かな毎日は墓場にしかないのだろうか…」。