読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「空の贈り物」 『ウルトラマン』制作第34話

ウルトラマン

「空の贈り物 -メガトン怪獣スカイドン登場-」

ウルトラマン』制作第34話

1967年3月5日放送(放映第34話)

脚本 佐々木守

監督 実相寺昭雄

特殊技術 高野宏一

 

メガトン怪獣 スカイドン

身長 60m

体重 20万t

0,2メガトンなのに肩書きが「メガトン怪獣」。「重いのよ! 呆れかえるほど重いのよ!」な怪獣。赤い火の玉で地球に落ちて来た。口から火を吐く。科特隊の宇宙へ捨てようとする作戦は全て失敗してしまい、最後はウルトラマンの体当たり攻撃で爆発した。

名前の由来は「空からドーン!と落ちて来た」から。ガマクジラの着ぐるみを利用している。

 

物語

空からは色々な物が落ちて来る。目に見えない宇宙線や隕石、雪からみぞれ、そして雨。傘や人間だって落ちて来る。当然、怪獣だって…!?

 

感想

ウルトラマン』はコメディタッチな部分が多いがその中でも特にギャグ度が高い話。科特隊の科学を無視しまくった作戦、スプーンでの変身、踊るスカイドン等、突っ込みどころ満載。突っ込んだらスタッフの思惑通りなのは分かっているのだが、やはり突っ込んでしまう。

 

色々と珍しいシーンを見られるのも本作の特徴。

まずパジャマ姿の隊員達。「侵略者を撃て」では隊員服のまま寝ていたのだが…。

作戦終了後にビールを飲むシーンもある。やっぱり仕事が終わったら飲むよなぁ。最近の作品ではあまり見られなくなってしまったけれど。ところでフジ隊員もビールを飲めたのか。

 

10分しか効果が無い麻酔弾。ニューヨーク支部が開発したUNG麻酔弾とは雲泥の差。日本の麻酔弾開発技術は遅れている。

 

ガマクジラに使用したロケット弾が再登場。その話に登場していない怪獣について言及があるのはこの頃のウルトラシリーズでは珍しい。そう言えば今回は「真珠貝防衛指令」と内容が似ている。と言うより殆ど同じでギャグがパワーアップしている。

 

スカイドンを撃ち落してしまった自衛隊。何故か今回は防衛軍ではない。おそらく防衛軍は全世界を守備範囲としていて、自衛隊は日本のみを防衛する為に存在しているのだろう。その自衛隊が怪獣とは言えいきなり攻撃するとは、有事法制が整備されたのだろうか?

 

今回はウルトラマンの戦闘シーンが1話に2回ある初めての話。ウルトラマンが1話に2回登場するのも過去数回しかない。

 

最後に一言。スカイドンは宇宙に捨てず、いつもどおり爆発させた方が早かっただろうに…。埋立地に落ちたんだし…。