読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「夜を呼ぶ歌」 『ウルトラマンX』第3話

「夜を呼ぶ歌」

ウルトラマンX』第3話

2015年7月28日放送

脚本 中野貴雄

監督 田口清隆

 
地底女
地底怪獣テレスドン 登場

 

大地とエックスの会話が面白いw
大地とアスナが会話しているところにエックスが割り込んでくるところとか、こういうウルトラマンを見たかった。
エクスデバイザーが裏返しになってパニクるエックスに笑うw こんな情けないウルトラマンがかつていただろうかw ビクトリー、ギンガ、ゼロとここ最近は強いウルトラマンが続いていたが、エックスはそれらとは違ったタイプのウルトラマンになりそうだ。
 
「男勝りな女性戦士が女の子らしいのに憧れている」と言うのは昔からよくあるシチュエーションだが、アスナは「女の子らしくなりたい」ではなくて「女の子らしくなってやる!」とより強い意志を見せているのが新しい。
 
ワタルは外見に反して意外と軽い感じになるのかな? ネットで読んだ地下の女の話でアスナをからかうのは意外だった。
ワタルは今回の話で一気にキャラを立ててきた。コミカルキャラなので、イデ隊員の系譜で面白い存在になるかもしれない。
 
こんなに大暴れしているテレスドンを自分は初めて見たかもしれない。
特殊能力をあまり使わないので自分の中ではテレスドンは地味目な怪獣なのだが、今回の炎を吐いての街の破壊と体全部をスピンさせての突撃はインパクト充分であった。
 
地底女は謎のままだが、このまま終わらせるのかそれとも謎解き編があるのか…。
昭和だと前者、平成だと後者と言うイメージがある。
いっそ、再登場させずにラブクラフト作品のように全く関係無い話でも地底女に関わる名前やエピソードがちょくちょく挟まれて、彼女自身は3話にしか登場していないけれどシリーズ全体に彼女関連のエピソードが散りばめられていて、なんだか今もどこかに彼女の存在を感じる…みたいなのも面白いかもしれない。
 
今回から一話完結の単発エピソードとなり、まずはテレスドンと地底女で夜のお話。こういう夜の場面が多いのは『セブン』や『ティガ』を思わせる雰囲気でここ最近は無かった。佐伯日菜子さん演じる地底女がアスナから逃げる場面は昼間だったが、出来ればここも夜にして夜の繁華街を激走してほしかった。