読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「果てしなき逆襲」 『ウルトラマン』制作第32話

ウルトラマン

「果てしなき逆襲 -灼熱怪獣ザンボラー登場-」

ウルトラマン』制作第32話

1967年2月19日放送(放映第32話)

脚本 藤川桂介

監督 鈴木俊継

特殊技術 高野宏一

 

灼熱怪獣 ザンボラー

身長 40m

体重 2万t

鎌倉近郊に出現した。背中の発光体がスパークする事で辺りに高熱を発して山火事を起こす。スペシウム光線で倒された。

ガヴァドン(B)の着ぐるみを利用している。

 

物語

休暇中のパティ隊員をエスコートするハヤタ隊員。ところがザンボラーが現れて山火事を起こす。

 

感想

地味な印象のザンボラーだがデザインがなかなか格好良い。炎も好き。

フジ隊員が言うには「追い詰められた怪獣が復讐を始めた」との事だが、やや弱い。ヒドラのアキラやウーのユキのようなメッセンジャーが欲しかった。

 

インチキクジでエスコート役を手に入れたハヤタ隊員が実に楽しそう。こんな一面があったのね。

 

山火事を消す為に出動する科特隊。何でも屋だね。

今回のジェットビートルは消火液が取り付けられていて「オイルSOS」の反省が生かされている。

 

体力が無いパティ隊員。本当は通信担当だったのだろうか?

 

日本の名物は「地震・怪獣・ウルトラマン」らしい。日本の怪獣出現率は世界でも群を抜いているのか。やはり、ゴジラ出現が呼び水になったと見るべきか?

 

自然を切り拓く事で都市が出来て人間は栄えていった。それが人間の生き方である以上、仕方が無い事かもしれない。しかし、その過程で犠牲になったもの達の事を忘れたら、ザンボラーのように人間への復讐が起きるのかもしれない。

 

本作は藤川さんの『ウルトラマン』最終作。

また、鈴木俊継監督のウルトラシリーズデビュー作でもある。