読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「千年ぶりの会話」 『鉄神ガンライザー』第16話

鉄神ガンライザー

「千年ぶりの会話」

『鉄神ガンライザー』第16話

2012年2月5日放送

 

羅刹、スマホや3Dを理解できず…。
こうして見るとパッカーは拒否はするけれど現在の機器の使い方をあらかたマスターしているんだから凄いよな…。
パッカーの言うスマホや3Dの機能を信じられない羅刹はパッカーを置いて鬼刃と行動する事に。ここで人間の作る機械をハナから理解しようとしない羅刹ととりあえず使い方をマスターしようとするパッカーの違いが出た。
 
ガンライザーが使う剣は舞草刀をベースに作られる事となった。
舞草刀は奥州藤原氏の時代に全盛期を迎えたと言われている刀で日本刀のルーツだと言われている。
 
ジョースマホを奪ったパッカーは遠野市のカッパ淵に。
千年前にパッカーとぼっこはここで一緒になって人間に悪戯をしていたらしい。
 
羅刹は人間と物の怪が一緒に暮らせる世界を取り戻そうとしているから自分も仲間になっていると語るパッカーだが、ぼっこはそれは間違っているとし、逆に結こそ物の怪であるパッカーも仲間にしようと考えている人物であると教える。
 
ガンライザーとパッカーの戦い。
もうオダーズやパッカーではガンライザーには敵わない。
 
遠野市はケンジの故郷だが、ケンジは遠野市には行かず、ヒヒイロカネを求めて一関市へ。一関市は舞草刀が作られた場所でもある。