読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「石割桜のように」 『鉄神ガンライザー』第14話

石割桜のように」

『鉄神ガンライザー』第14話

2012年1月22日放送

 

宮守かぐらが本格登場。
演じている佐々木李紗さんが実際に空手をしているので戦いの場面での技のキレが凄い! 演技に関しては普段のドジッ子状態がなんかイマイチキャラに合っていないような…。この人は武闘派になった時の方が演技も自然な感じになるんだけど。
名前は宮守村(現在は遠野市)に由来しているのかな?
 
オダーズと相撲を取っていたパッカーは人間のチャラ男が逃げなかったのを見て一緒に相撲を取らないかと話しかけるが、チャラ男は携帯を見ていてパッカー達の存在に気付かなかったので逃げなかっただけだった。それを知ったパッカーは岩手中の携帯を使えなくする。
ちゃんと相手の目を見て話さないから人間関係が希薄になると言うパッカーに対し、ジョーは携帯が無いと不便だと反論。しかし、パッカーに「お前はいつも不便不便と言っているなぁ」とツッコまれてしまう。
 
かぐらの特訓を受けたからか、今回のジョーは変身せずにオダーズに勝利した。
それを見たパッカーは水の力で千人力になるが戦いはガンライザーの方が優勢。しかも、パッカーのカッパカッターをガンライザーは羅刹の高速移動を見よう見まねで成功させて避けてしまう。そして盛岡市にある石割桜をイメージした新技・石割チョップでパッカーの頭の皿に大ダメージを与えるのだった。
 
そこに羅刹がやって来てガンライザーに仲間にならないかと持ちかける。反対するジョーであったが、羅刹はジョーではなくてガンライザーに話をしていると返す。羅刹に会うたびにガンライザーの胸の鼓動が響く演出がされているが、ひょっとして、ガンライザーの中にはジョーとは別にたたら神の意識が残っているのだろうか?
 
自然を破壊し、文明の力で自分達に都合の良い世界を作り出した人間は正しいのか?と呼びかける羅刹。今のジョーにそれに反論する術は無いので、根拠の無い言葉で返す事しか出来ない。
話し合いが決裂し、羅刹は新たな物の怪・鬼刃を呼び寄せる。