読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』(1966年公開)

フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』

1966年7月31日公開

監督 本多猪四郎

特技監督 円谷英二

脚本 馬淵薫本多猪四郎

 

shoryu38.hatenablog.com

 

フランケンシュタイン対地底怪獣』の姉妹編。
当初は続編の予定だったが途中で独立した作品に変わったらしい。なので以前の話として語られるフランケンシュタインの怪獣のエピソードは『フランケンシュタイン対地底怪獣』を思い出させる内容となっているが、実際に回想場面に登場するフランケンシュタインの怪獣は前作と違って毛むくじゃらでフランケンシュタインと言うより獣人のようになっている。自分は実際に見た事は無いが『獣人雪男』の要素が入っている感じがする。(「フランケンシュタインは海では生きられない、山で生きるはず」と言う説明もそう考えると納得できる)
 
何故か陸に上がりたがる東宝と円谷の大ダコだが今回は海上の船を襲ったところをガイラに倒されている。
捕らえられたら逃げられない触手と明確な食欲と何とも言えないヌメヌメした触感で、海でタコに襲われると言うのはベタなシチュエーションではあるが何度見ても怖い。
大ダコの登場から話が始まると言うのは『フランケンシュタイン対地底怪獣』でフランケンシュタインの怪獣が大ダコと戦いながら湖の中に姿を消したのを引き継いでいる感じがする。
 
人間を捕食するガイラの怖さがハンパない!
ゴジラは基本的に人間を無視しているので身を隠せば何とかやり過ごせる気がするが、ガイラはどこかに隠れようが逃げようが捕まえて食べる為に捜して追いかけてきて手を伸ばしてくる。
怪獣作品と言うのは意外と人間と怪獣の間に壁みたいなものがあって、怪獣は街の建物を破壊するのだが人間はそれを遠くから眺めている事が多い。しかし、本作のガイラはそんな壁を乗り越えて人間を食べにやって来る。この「迫ってくる恐怖」は歴代怪獣の中でも上位に入る。
 
L作戦の威力が思った以上に凄くて驚いた。これは確かにカッコイイ!
 
L作戦がサンダーコントロールシステム、フランケンシュタインの怪獣の細胞がゴジラ細胞、そしてサンダとガイラの関係がゴジラビオランテと『ゴジラVSビオランテ』には本作へのオマージュが込められていたのかもしれない。
 
人間を捕食する事から前半は絶対恐怖の存在であったガイラだが後半からは恐怖の存在ではなくなる。L作戦で瀕死の重傷を負い、以後も傷付いたままの姿でいて、今度は逆に人間に追われる立場となる。
また、ガイラが人間を食べるのは悪意があっての事ではなく、海中で魚を食べていたようにただ生きる為に食べていたと言う事が判明する。人間に育てられた記憶があるサンダにとって人間を食べる事は絶対に許されないタブーなのだが、人間と生活した事が無い(そもそも人間と言う存在の概念が無いはず)ガイラに魚は食べて良いが人間は食べてはいけないと言うのを理解させるのは無理がある。
こうして生きる為に動いていたガイラは自衛隊とサンダと言う恐怖の存在から逃げて安住の地である海へとひたすらに向かうのが後半の流れ。途中で大勢の人間を見付けてもガイラは目もくれずにただ逃げる。サンダが足を折って傷付いていると知ってもガイラはただ怯えて隙あらば逃げ出そうとしていた。最終的に海へと逃げ帰る事が出来るも、サンダに捕まり、自衛隊の攻撃を受ける中、海底火山の爆発に巻き込まれ、安住の地と思われた海で生死不明となったガイラの姿はただただ哀しい。
 
フランケンシュタイン対地底怪獣』を見ても思ったが、怪獣を二体出して怪獣対決を繰り広げた場合、最後は人間社会に怪獣が生きる場所は無いとなるので、怪獣対決に勝って生き残った怪獣をどう扱うのかが非常に難しくなると言う事が分かった。
この時期の怪獣対決の結末を見ていると、『ウルトラマン』で勝ったウルトラマンが空へと帰っていくと言うパターンの確立が実は物凄い発明だったと言う事が分かる。