読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「来たのは誰だ」 『ウルトラマン』制作第31話

ウルトラマン

「来たのは誰だ ー吸血植物ケロニア登場ー」

ウルトラマン』制作第31話

1967年2月12日放送(放映第31話)

脚本 海堂太郎

監督 樋口祐三

特殊技術 高野宏一

 

吸血植物 ケロニア

身長 50cm~50m

体重 80g~1万t

南米アマゾンの奥深くに生息する移動できる植物。異常な進化を遂げ、人間を上回る科学力を身に付けた。人間の血が最も美味いらしく、人間を征服しようとした。非常に燃えやすい体質なので精神感応で火を消せるようになった。変身能力の他、目から怪光線を発射する。スペシウム光線に耐えるもウルトラアタック光線で倒され、エアシップコンビナートも科特隊とウルトラマンスペシウム光線によって全滅した。

 

物語

ボリビア支部からやって来たゴトウ隊員は不審な行動を次々と起こす。気になった科特隊が調べてみると…。

 

感想

今回は未開の地へ旅立った人物が久し振りに帰って来たが既に未知の存在と入れ替わっていたと言う展開にスパイものの展開が加えられている。ゴトウ隊員がエキスらしきものを腕に注入しているが、なんだか麻薬みたいだった。

 

科特隊基地に入るには光線によるチェックが必要らしい。「地上破壊工作」でアンヌ隊員に対して行ったが正体は見抜けなかったような…。ゴトウ隊員にしたところで無駄だったのかもしれない。

 

南アメリカ支部はボリビア支部とも呼ばれる。

やはりボリビア支部は南アメリカ支部も兼ねていると見た方が良いだろう。

 

科特隊基地は特殊な合金で作られていて、その秘密が外部に漏れると科特隊基地の守りは紙より薄くなるとの事。最終回でゼットンに破壊されたが、ゼットン星人はその秘密を既に手に入れていたのかもしれない。

 

子供の時に科特隊員の父が死亡し、身寄りの無いゴトウ隊員は見習い隊員となったらしい。この話を信じれば、ホシノ君が科特隊に自由に出入りできた理由が分かる。おそらくホシノ君の親も科特隊員だったのだろう。いつも明るいホシノ君にも辛い過去があったのか…。

 

ハヤタ隊員。今回の変身はメチャクチャ不自然。バレるよ。

 

ウルトラシリーズで初めて多数で攻めて来たエアシップコンビナート。

でも科特隊とウルトラマンで全滅。よ、弱い…。

 

本作は樋口監督の『ウルトラマン』最終作。樋口監督作品は4本しかない。脚本家としても本作や「噴煙突破せよ」のように傑作を生み出していたので4本だけなのは残念。尚、樋口監督は後に『ウルトラQ倶楽部』に監督兼脚本家として参加している。