読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「激闘! わんこそば」 『鉄神ガンライザー』第9話

鉄神ガンライザー

「激闘! わんこそば」

『鉄神ガンライザー』第9話

2011年12月4日放送

 

わんこそばを食べたいと言う結のお願いを聞いて盛岡にあるわんこそばのお店『東家』に行ったジョー達。ここで結の大食いが明かされる。
 
今回のパッカーの悪戯は「電気ポッドを南部鉄瓶に変える」。
電気で沸かしたお湯より南部鉄瓶で沸かしたお湯で入れたお茶の方が美味しいと親切丁寧に説明してくれる。カルキとかどこで知ったんだ、この河童は…。
それに対するジョーの反論は「いつも温かいお湯が出る電気ポッドは便利」であった。基本的に「文明は人間の生活を便利にした」がジョーの反論。まぁ、それ以外の反論ってなかなか思い浮かばないよな。なので理屈でパッカーと勝負したら意外とジョーの方が押されている事が多い。
 
今回の戦いの舞台は地下駐車場。
ライザーガンを撃って柱や壁に当たったら建物が崩壊する恐れがある。ライザーキックをしようにも高さが足りない。そこでジョーは先程の結の早食いをヒントに新技わんこパンチで勝利する。これで課題だった接近戦の弱さが克服できた。
特訓無しで新技を編み出せるところを見ると、ジョーが動きをイメージする事が出来るかどうかでガンライザーの能力は引き出せるようだ。
 
戦い終わって、自分は南部鉄瓶で淹れた美味しいお茶を皆に飲んでほしかっただけなのに…と言うパッカーの話を聞いたガンライザーは肩の南部鉄瓶からお茶を出してパッカーに飲ませる。それを飲んだパッカーはお茶一杯で感謝しないと言いながらも電気ポッドを皆に返す。パッカーとは和解できるかなと思えた話。
 
今回の変身はバンク使用ではなかった。また変身が解除されてジョーに戻る場面もあった。
 
戦い終わって、アルバイトに向かおうとする結の前に羅刹が…。