読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「地底への挑戦」 『ウルトラマン』制作第29話

ウルトラマン

「地底への挑戦 ー黄金怪獣ゴルドン登場ー」

ウルトラマン』制作第29話

1967年1月29日放送(放映第29話)

脚本 南川竜・金城哲夫

監督 野長瀬三摩地

特殊技術 高野宏一

 

黄金怪獣 ゴルドン

身長 65m

体重 6万t

日本一の埋蔵量を誇る太田山金鉱から出現。実は2匹いた。地上より地底の方が速く、ベルシダーの3倍の速度で地底を進む。光に弱く、1匹目はベルシダーの光線銃を受けて地上に出たところをコロナ弾とスーパーガンで倒された。2匹目もベルシダーの地底魚雷を受けて地上に出たところをウルトラマンスペシウム光線で倒された。

名前の由来は「ゴールド」から。

 

物語

日本一の埋蔵量を誇る太田山から金が採れなくなってしまった。原因が怪獣ゴルドンにある事を知った科特隊は地底戦車ベルシダーを出動させる。

 

感想

イデ隊員の発明と言えばマルス133が有名だが「科特隊宇宙へ」はマルス133が無くても話は成り立つ。しかし、今回はベルシダーが無くては話が成立しない。本作は怪獣の為ではなく発明品の為に用意された『ウルトラマン』唯一の話なのだ。

ところでそのベルシダーはかなり大きいのだがジェットビートルのどこに入っていたのだろう?

 

ベルシダーを登場させる為に出てきたゴルドンだが、ちゃんと活躍している。特に同じ着ぐるみを使って2匹いるように見せるアイデアが素晴らしかった。尻尾を使った伏線も見事であった。


室生町はゴルドンによって全滅したらしい。画面には出なかったが、今回の怪獣による被害はかなり大きかったのではないだろうか。

 

金鉱に入り込んでいた男。よく考えたら可哀相だ。せっかく金鉱を見付けたのにゴルドンのせいでメチャクチャ。多分、生活とか大変になったのだろう。あれだけゴルドンに執着したのも分かる気がする。ムラマツキャップは「金は全てお前の物」と言っていたが、最終的に金は町の復興資金に当てられたとの事。男はどうしたのだろうか?

ところでゴルドンってこの男が勝手に名付けたものだったのか。

 

今回はムラマツキャップとイデ隊員は地底に閉じ込められてフジ隊員は負傷と科特隊にしては珍しく危機であった。

 

ウルトラマンゴルドンを倒した後にムラマツキャップ達の救出に向かう。「オイルSOS」に続いて、クライマックスを怪獣退治ではなく人命救助にした事でウルトラマンに戦い以外の存在理由を与えている。

 

本作は野長瀬監督の『ウルトラマン』最終作。

アントラーアボラス等、ウルトラマンでも容易に勝てない怪獣を登場させて『ウルトラQ』と同じく怪獣を脅威の存在として描いていた。また、『ウルトラQ』の「ペギラが来た!」や「南海の怒り」、『ウルトラマン』の「バラージの青い石」や本作のように特殊な舞台を設定するのも特徴の一つであった。