読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「人間標本5・6」 『ウルトラマン』制作第28話

ウルトラマン

「人間標本5・6 ー三面怪人ダダ登場ー」

ウルトラマン』制作第28話

1967年1月22日放送(放映第28話)

脚本 山田正弘

監督 野長瀬三摩地

特殊技術 高野宏一

 

三面怪人 ダダ

身長 190cm~40m

体重 70kg~7千t

コードネームはダダ271号。他に通信機で上司が出ている。実際は1人だがA・B・Cと3つの顔を持つ事で3人いるように見せている。ミクロ化器で人間を縮小する。バスを転落させた幻覚、逃げ出した人間を連れ戻す物質転送、人間の動きを止めると多くの能力を駆使するが何か機械の力を借りているかもしれず、ダダ本人が使える能力は壁のすり抜け、テレポーテーション、人間に乗り移る等と思われる。ウルトラマンの透視光線で姿を暴かれた後、スペシウム光線で倒された。

名前の由来は芸術運動の「ダダイズム」から。当初は顔が観音開きになる予定だったらしい。

 

物語

事故多発地帯を調査する事になったムラマツキャップ。その裏には人間標本を集める宇宙生物ダダの暗躍があった。

 

感想

おそらく『ウルトラマン』で最も怖い話。いきなり目の前に、背後にダダが…!?と言うシチュエーションはやっぱり怖い。

 

気のせいか子供の頃から何度も見ている話。そしてその度に「この女がダダだっけ?」と思ってしまう話。

 

3つの顔で3人いるように見せるダダ。でも言われるまで顔の変化に気が付かなかった。もう少し分かりやすくしてほしかったところ。

 

大人になった今見ると、ダダは怖いと言うより大変と言うイメージ。上司に意見を仰がないといけないし、「駄目だ! ウルトラマンは強い!」し…。

ま、相手が悪かったと言う事で…。

 

今回はムラマツキャップ活躍編。強い! 強いぞキャップ!

 

ムラマツキャップが不在の為、代わりにハヤタ隊員が指揮を執る事になる。

サブリーダーと言う設定が明確に描かれた初めての話。

 

科特隊基地の中で変身するハヤタ隊員。でもウルトラマンは科特隊基地の外に。やはりテレポーテーションを使ったのだろう。

それにしても今回のウルトラマンの活動時間は長い。あまり動かなかった時間があったからかな?

 

今回はウルトラマンの人間大の姿が見られる。ミクロ化器の光線を撥ね返した後なので人間大のダダと戦う為に自分から縮小したのだろう。律儀だ。因みにそれを見たダダはいきなり巨大化。卑怯だ。

 

ビルから落ちたムラマツキャップ達をウルトラマンがキャッチ!

衝撃がどうとかはこの際どうでも良い。こういうシチュエーションは好き。

 

今回のハヤタ隊員はウルトラマンに変身して来たのでアラシ隊員達より先に現場に到着しているのだが、どうやって来たと説明したんだろう? ジェットビートルは持って来ていないし…。

 

ダダ星人ではなくダダ。劇中でも宇宙人ではなく宇宙生物。なぜ他の宇宙人と違う扱いなのか?

バルタン星人ザラブ星人も後に出てくるメフィラス星人も皆、ウルトラマンと表裏一体を成していた。しかし、ダダはウルトラマンとの関係が薄い。その為、他の宇宙人と区別されたのかもしれない。