読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

『宇宙大怪獣ドゴラ』(1964年公開)

『宇宙大怪獣ドゴラ』

1964年8月11日公開

監督 本多猪四郎

特技監督 円谷英二

脚本 関沢新一・田実泰良

 

「怪獣」と言えばゴジラのような着ぐるみのイメージが定着していく中で登場した不定形の宇宙怪獣。
 
殆どの怪獣作品が最初の方でバーン!と怪獣が姿を現して以後はそれをいかにして倒すのかと言う戦いの展開になるのに対し、本作ではドゴラに関する情報を小出しに出していき、徐々に緊迫感を上げていったところで、謎の答えとしてドゴラが姿を現すと言う謎解きの展開となっている。
 
不定形なドゴラのデザインは人間らしさを一切感じない事から得体の知れない恐怖を覚える。ゴジラとかの場合は進行方向から外れればまだ何とかなりそうだが、ドゴラの場合はいきなり上空一面に不気味なアメーバ状の触手が漂うと言うとても逃げられなさそうな絶望感がある。
 
今回の人間ドラマは宝石強盗を巡る丁々発止のやり取りで、これまでの東宝怪獣映画にあるような「全人類の脅威を前にした人間ドラマ」と言うウェットなものは無く、軽妙でカラッとしたドライなものに仕上がっている。マーク・ジャクソンのキャラが面白く、次に何をするのか分からない得体の知れなさで物語を引っ張っていった。
 
怪獣作品では怪獣が本格的に登場する前半と怪獣が大暴れして軍が出撃する後半とでは違うドラマが展開されていて、結果、前半と後半で違う作品のようになっている事があるが、本作では他の怪獣作品ではドゴラ本格登場と共にフェードアウトしそうなダイヤ強盗団を最後まで登場させた。そのおかげで物語は前半から後半まで一本の線で繋げる事が出来たが、強盗団の目的はあくまでダイヤであってドゴラではないので、強盗団とのやり取りがメインでドゴラはオマケのような感じになってしまった。その辺りは駒井とマークと言う強盗団を追う二人の奇妙な友情物語にする事で、強盗団もドゴラもダイヤを狙うものとしてまとめようとしている。まとめきれていないところがあるが。
 
登場人物が多くてドラマが散漫になった感じかな。
ドゴラは登場時間こそ少ないが、北九州での本格登場場面は数ある怪獣作品の中でも息をのむ出来になっている。