shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

『モスラ対ゴジラ』(1964年公開)

モスラ対ゴジラ

1964年4月29日公開

監督 本多猪四郎

特技監督 円谷英二

脚本 関沢新一

 

shoryu38.hatenablog.com

 

もしかしたらだが、1作目を除くと、本作が昭和のゴジラとして最も一般に知られている作品かもしれない。

 
怪獣対決モノなので前作の『キングコング対ゴジラ』と被っているように見えるが、前作と違って善悪がハッキリと分かれているのが特徴。たとえば本作では虎畑達が分かりやすい悪として描かれているが、前作の多胡部長はこのような描かれ方はされていなかった。
 
どちらかと言うと本作は『キングコング対ゴジラ』より『モスラ』に近い構図を持っている。そのせいか、意外とゴジラの出番が少なく、物語上もあまり触れられていない。
 
社会正義を掲げるが肝心なところは口で逃げていた酒井とテーマを掲げてばかりで本質を見逃しがちだった中西がインファント島の現状を見て記者として成長するお話。
最後の小美人達との別れの場面で、安易な言葉のお礼で済まさずに世の中を良くする事がお礼とあえて困難な選択をしたのが良い。
 
面構えは怖いモスゴジだが、壊したTV塔が自分に倒れてきたり、お堀に躓いて名古屋城を壊したりと妙にドジっ子で可愛いw
今回はやたらと落ちたり落とされたりしていて何だか気の毒だった。
 
本作の目的の一つに「モスラを善玉にする」と言うのがある。
モスラ』ではモスラも脅威の存在であったが、本作では人間の願いを聞いて戦いに赴く、自分の卵を守る為に戦う、とモスラを応援したくなる構図になっている。
終盤でいきなり島の子供達が出てゴジラの危機にさらされるのも、親モスラの寿命が尽きかけていたのも、生まれたばかりの幼虫モスラゴジラと戦うのも、観客がモスラを応援するように仕向ける巧妙な仕掛けだったと言える。
 
因みに本作での「モスラの善玉化」のとばっちりを受けたのがゴジラ。特に悪意は無く、ただ歩いて卵に近付いただけで悪役扱い。最後の島に上陸するのも特に子供達を襲おうと言う悪意は無かったわけだし。こういう不憫なところと先に挙げたドジっ子属性があってモスゴジは萌えるw
 
苦手な電気攻撃も発生源を破壊すれば良いと言うのは前作でゴジラが得た教訓かな。
あと一歩でゴジラを倒せるところまで来たが「もっと電圧を上げろ!」「これ以上は無理です!」「構わん!」「送電線が!?」。
「構わん!」じゃねーよw
このパターンは本作が始まりなのかな?
ふと思ったが、電流攻撃の電気はどこから調達しているのだろうか?
この頃は原発が稼働しているはずだから、原発で得た電気を使って水爆で生まれたゴジラを絶命させようしていたと言う構図だったら色々と興味深い。
 
よく考えたら、水爆で生まれたゴジラが原爆を落とされた日本を蹂躙し、そのゴジラを倒す為に被爆国である日本が水爆実験で荒廃したインファント島に頼みに行くと言うのも業が深い話である。(インファント島はロリシカ領内だが、ロリシカはアメリカをモデルにしていて、当時の日本はアメリカの核の傘で平和を享受していたと考えればさらに…)