読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「怪獣殿下 後篇」 『ウルトラマン』制作第27話

ウルトラマン

「怪獣殿下 後篇 -古代怪獣ゴモラ登場-」

ウルトラマン』制作第27話

1967年1月15日放送(放映第27話)

脚本 金城哲夫・若槻文三

監督 円谷一

特殊技術 高野宏一

 

古代怪獣 ゴモラ

身長 40m

体重 2万t

一度は地中に逃げるも今度は大阪市内に出現して大阪城を破壊した。尻尾を科特隊と自衛隊に焼き切られ、ウルトラマンとの戦いで角も破損し、最後はスペシウム光線で倒された。その後、剥製として万国博に展示されたらしい。

 

物語

ウルトラマンでも倒せなかったゴモラに対して迎撃の準備を進める科特隊。一方、オサムは拾ったベーターカプセルを届けようとする。

 

感想

久し振りにウルトラマンからハヤタ隊員に戻るシーンが見られる。ここは過去の映像の流用なので、久し振りにウルトラマンAタイプも見られる。懐かしい。

 

オサムを中心に話が進むので、怪獣出現に対する一般市民の反応が見られる。お父さんがメチャおおらか。

 

現実世界が舞台だからだろうか。今回はいつもの防衛軍ではなく自衛隊が出ている。

 

ゴモラとの大阪市内の決戦、そして大阪城破壊シーンは凄い迫力。今ではとても出来ない。

ゴモラは尻尾も大活躍! やっぱり怪獣たるもの、街を破壊しないとね。

 

前回は苦戦したウルトラマンだったが、今回はゴモラの尻尾が既に切られているので勝つ事が出来た。こういう部分をキチンと押さえているから『ウルトラマン』は名作なのだ。

 

万国博と言う人類の威厳を見せ付けるイベントの為に連れて来られたゴモラ。はっきり言って、ただの犠牲者。大阪城は500年だが、ゴモラは1億5千万年の歴史を持つ。人類の歴史なんて地球(もっと大きく言えば宇宙)の中でもかなり短い部類のもの。人類はその事を胆に銘じて襟を正さねばならない。

 

今回もオサムに都合良く話が進む。

ゴモラの所に連れて行ってもらい、ハヤタ隊員に会え、ウルトラマンの役に立てて、流星バッヂも貰えた。オサムの見た夢なら仕方が無いのだが、あれだけ無茶をしてお咎め無しって…とは思ってしまう。