読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「怪獣殿下 前篇」 『ウルトラマン』制作第26話

ウルトラマン

「怪獣殿下 前篇 ー古代怪獣ゴモラ登場ー」

ウルトラマン』制作第26話

1967年1月8日放送(放映第26話)

脚本 金城哲夫・若槻文三

監督 円谷一

特殊技術 高野宏一

 

古代怪獣 ゴモラ

身長 40m

体重 2万t

1億5千万年前の恐竜ゴモラザウルスの生き残り。万国博出展の為にジョンスン島から空輸されるが途中で落下して狂暴化した。強力な尻尾でウルトラマンを圧倒する。オサムによると火を吐く事も出来るらしい。

名前の由来は『旧約聖書』に登場する退廃の限りを尽くして神に滅ぼされた街「ゴモラ」から。

 

怪奇植物 スフラン

身長 100m

体重 8t

ジョンスン島にも生えていた。またもやスパイダーショットの火炎で焼かれた。

 

物語

「怪獣殿下」とあだ名されるオサムは万国博に出展する為にジョンスン島に怪獣を捕まえに行っていると信じていた。すると、オサムの前に次々と怪獣事件が…!

 

感想

前回に続いてのお正月スペシャル第2弾。今回は内容もいつもと少し違う。怪獣殿下オサムが住んでいる世界は怪獣がテレビや映画で放映されている。つまり視聴者と同じ世界。それが段々と『ウルトラマン』の世界へと移行していく。

あまりにもオサムに都合良く話が進むので、ひょっとしたら、今回は全てオサムの見た夢の話だったのかもしれない。

 

ゴモラは万国博に出展する為に移送されて来た。ここで言われている万国博とは大阪万博の事だろう。後でゴモラの剥製が展示されたらしいが、きっと月の石より話題になったに違いない。

ところで最初はゴモラを生きたまま展示する予定だったが、展示中に目を覚ましたらどうするつもりだったのだろうか? 大惨事になってたぞ。まぁ、研究所に置くのも無理があると思うが…。失礼ながら、中谷教授に何か考えがあったとも思えないし…。

 

ゴモラが落下した六甲山に忍び込むオサム達。フジ隊員と自衛隊の方々はもう少しキチンと見てよ。

 

今回はハヤタ隊員の変身シーンが無い代わりにオサムが棒切れを掲げて変身ポーズをとっている。

オサムはベーターカプセルを拾うが、ウルトラマンはどうやって落としたのだろう?

 

久々にカラータイマーのナレーションが聞ける。

それにしてもゴモラは強い! スペシウム光線が効かない強敵は過去に何度かいたが、撃たせてもらえなかったのはゴモラが初めて。

と言うわけで次回に続きます。