shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「川をキレイにしてやるぜ!」 『鉄神ガンライザー』第3話

「川をキレイにしてやるぜ!」

『鉄神ガンライザー』第3話

2011年10月16日放送

 

結の説明でガンライザーは製鉄の神であるたたら神の化身である事が明かされる。「たたら」とは製鉄に関する用語で岩手県久慈市には「たたら館」と言う砂鉄資料館があったらしい。
たたら神の化身と言う事でガンライザーが人間から外れた存在である事が明かされた。パッカーもガンライザーは人間より物の怪側の存在なのにどうして人間を守るのか?と問いかけている。
 
結の家は代々古い神社の神主だったとして、結は父親から子守唄代わりに昔話を聞かされていたらしい。しかし、ガンライザーが変身の際にまじないの言葉が必要なのはそれとはまた別のところから聞いたとの事。そして今回の話のラストで結は「姫様」と呼ばれる存在である事が判明する。
 
結とぼっこがこの話で初めて会う。
どうしてぼっこが前回の話では結の前に姿を現さなかったのかは特に語られていない。
結の方は「やっと会えた」と言っているので前々からぼっこの事を知っていたようだが…。
 
早池峰ケンジ登場。名前は岩手県にある「早池峰山」に由来している。
早池峰山岩手山と仲が悪く、二つの山は姫神山を取り合っていたと言う話があるらしい。そしてこの話はそのままジョーとケンジと結の話に繋がっていく。
 
ハスキーボイスなケンジ登場。最初に声を聞いた時は大丈夫なのかなと思ったが、聞いているうちにクセになってくる声。
自然体なジョーと結に対し、ケンジは芝居がかったところがある。いきなりサングラスを付けて怪しさ大爆発で登場して結に「そんなベタな悪役はいない」と言われた他、その結に跪いて「姫様」と恭しく言ったりと、とかくこの時点では怪人のパッカー以上に異分子っぷりを見せている。
 
ガンライザーはオダーズ二人とパッカーを別々に相手にすれば楽勝できるようになったが、3人がかりだとまだ苦戦するレベル。そして相変わらずライザーガンの命中率が低いが、ケンジに言わせると手入れがなっていないかららしい。
 
それにしても戦闘中のガンライザーやパッカーに気付かれずにガンライザーの懐からライザーガンを盗んだと言うケンジはどんなトリックを使ったのやら…。
 
今回のパッカーの悪戯は「橋を壊す」。
しかし、パッカーに言わせると「人間も自然を壊している」との事。さすがに反論できなかったか、ジョーはこの事に関しては何も言わなかった。
 
オダーズ二人は「岩手の自然を取り戻す会」を結成していた。しかも名刺も作っている。名刺を渡すふりをして攻撃してくるオダーズにやられたジョーに向かってパッカーは「社会人の常識だから名刺の受け取り方も覚えなきゃ」と嫌味を言う。就活に苦労しているジョーには地味に響いた一言だろうw