読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

『海底軍艦』(1963年公開)

海底軍艦

1963年12月22日公開

監督 本多猪四郎

特技監督 円谷英二

脚本 関沢新一

 

マンダと言う有名怪獣が出てはいるがメインは海底軍艦轟天号なので、「怪獣」ではなく「超科学」を扱った映画と言える。つまり『地球防衛軍』『宇宙大戦争』『妖星ゴラス』の系譜。
 
本作は「歴史におけるIF(もしも)」を取り上げている。
「もしも海底に沈んだムウ帝国がその後も存在していたら?」と言う事で、今回の敵は宇宙人や妖星と言った宇宙からの脅威ではなく、地球においていまだ謎の多い海底からとなった。
 
面白いのはムウ帝国に対抗する轟天号も「歴史におけるIF(もしも)」の存在である事。「もしも日本海軍が終戦後も兵器開発を続けていたら?」と言う事で、20年かけて建造された海底軍艦轟天号の登場となった。
この作品は「IF(もしも)」同士の戦いなのだ。
 
二つの「IF(もしも)」をメインに話を進める為、下手をすれば非常に現実味の薄い内容にある恐れがあるが、本作ではいまだ終戦を迎えていない神宮寺を軸に「戦争に囚われている人」と「その呪縛から解き放たれた戦後の人」と言う終戦後の日本人の考えの変遷をじっくりと描いた。よく考えたら「終戦から約20年経った1963年においてもいまだ戦争を続けて超兵器・轟天号を完成させた神宮寺と言う男」と言うかなり無理のある設定なのだが、実際に映画を見ると非常に地に足が着いた確かな存在感を持っているのが見事。
 
神宮寺は娘の真琴と言う「戦争中に生まれながらも戦後の価値観の中で育った人物」をきっかけに考えを改めていく。一見すると戦中の人間の否定にも見えるが、実際はその戦中の人間である神宮寺が作り上げた轟天号と娘への想いが世界を救う事になる等、時代が変わって戦中の考えは今の世の中では異端としながらもその想いまでは全否定していない。
 
いまだ戦争を引きずっていた神宮寺が娘との再会で考えを改めていく一方、その娘を育てた楠見が神宮寺と共に轟天号といる中で少しずつ戦争時の雰囲気を取り戻していくところがさりげないがなかなか興味深かった。
 
話が轟天号をメインにしていたのでその割を喰らった感じになったのがムウ帝国。
ムウ帝国をイメージさせる超古代の雰囲気を持つ一方、轟天号と対比される存在となるべく、妙に近代化された兵器を持つ事になり、チグハグな印象を受けた。
神宮寺の設定を見るにムウ帝国は「太平洋戦争」や「大東亜共栄圏」のイメージを持っていて、全体的に轟天号と神宮寺の設定を成立させる為に使われた感じがする。
 
戦争を引きずっている神宮寺をビシッと否定する存在が必要だったのは分かるが、旗中と真琴の絡ませ方が唐突で強引だったのが残念。
 
色々言ったが実際に映画を見るとドリルで岩をぶち抜き、蒸気を発して空を飛ぶ轟天号を前にただただ「カッケー!」と言う言葉が出てくるほどにクライマックスでの轟天号出撃シーンはカッコイイ!
海底軍艦」と言いながらいきなり空を飛ばせる発想が実に素晴らしい!
 
マンダは操演でこれまでとは違った形の怪獣を出す事に成功したが、やはりあのデザインで大暴れさせるのは当時は難しかったんだなと思う。
 
そして特筆すべきはムウ帝国皇帝!
気高くプライドがありながら、旗中に脅されてからの仕草がいちいち可愛くてとても好み。
この人、とんでもない萌えキャラだよ!!