読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「怪彗星ツイフオン」 『ウルトラマン』制作第25話

ウルトラマン

「怪彗星ツイフオン -ギガス ドラコ レッドキング登場-」

ウルトラマン』制作第25話

1967年1月1日放送(放映第25話)

脚本 若槻文三

監督 飯島敏宏

特殊技術 高野宏一

 

冷凍怪獣 ギガス

身長 40m

体重 1万5千t

ツイフオン接近によって目を覚ました。レッドキングと共にドラコを倒すも、その後に自分もレッドキングに倒されてしまった。逃げ出したところを科特隊の強力乾燥ミサイルで爆破された。よく考えたら倒される理由が無いような気が…。

ヒドラの着ぐるみを利用している。名前の由来はギガス(巨人)。意外にもクレジットは一番上。因みに今回登場した怪獣は全て劇中では名前を呼ばれていない。

 

彗星怪獣 ドラコ

身長 45m

体重 2万t

ツイフオンから地球に飛来した宇宙怪獣。鎌が武器でギガスを圧倒するもレッドキングに羽をもがれ、最後がギガスとレッドキングの地球怪獣コンビに倒されてしまった。『ウルトラマン』の怪獣の中でも抜群に格好良いのに…。

 

どくろ怪獣 レッドキング(2代目)

身長 45m

体重 2万t

多々良島の怪獣とは別個体。今度は白目がある。地底に潜る事が出来て、保管されていた水爆を飲み込んでしまった。同じ地球怪獣だからかギガスと共に宇宙怪獣のドラコを倒すも、その後にギガスも倒してしまう。ウルトラマンの投げ技を受けてダウンしたところをウルトラエアキャッチと八つ裂き光輪で倒された。

アボラスの着ぐるみを利用している。当初は『ウルトラQ』のゴルゴスが再登場する予定だったらしい。

 

物語

彗星ツイフオンが地球に接近。衝突は避けられたが宇宙線の影響で水爆が爆発する危険が…!

 

感想

放映日を見て驚いた。何と1月1日の元日!

当時は正月特番が無かったのか? あっても放映されたのか? とにかく今では考えられない。

ところで、あまりにも長い正月特番は何とかならないのだろうか。好きなんだけど、3時間も4時間ももたない。やはり特番は2時間がちょうど良い。

 

彗星接近による地球最大の危機。ある意味、今回一番恐ろしいのは怪獣ではなくツイフオンだった。

 

彗星が地球にドーンとぶつかって宇宙に飛び出しても大丈夫なように宇宙服を用意した少年。実際にドーンとぶつかって宇宙に飛び出した事例があるので馬鹿にしてはいけない。(同じ飯島監督作品である『ウルトラQ』の「地底超特急西へ」)

ところで少年は宇宙服をどこで手に入れたのだろうか?

 

地球防衛委員会なるものが登場。防衛軍の上部組織だろうか?

 

こういう事もあろうかと開発していた水爆探知機。「大爆発五秒前」を踏まえての展開。

 

コーヒーに砂糖と塩を入れ間違えるフジ隊員。これも「大爆発五秒前」を踏まえた展開。

それにしても、科特隊の砂糖と塩の容器はそんなに間違えやすいものなのか? 最後はムラマツキャップが自分でコーヒーを入れようとするが、普段入れないムラマツキャップが間違えずに入れられるのか不安だ…。

 

ほんのチラッと登場したホシノ君。裏設定だと、この後、科特隊の養成学校に入ったとなっているらしい。

 

地球の素晴らしさを改めて実感するハヤタ隊員。

ウルトラマンと一体化した事で宇宙的な視点を手に入れたのだろう。地球の素晴らしさは地球から離れないと気が付かないものなのかもしれない。

 

今回は「怪獣無法地帯」に続いて『ウルトラQ』では実現しなかった最強怪獣決定戦の再現と言える。怪獣のチャンピオン・レッドキングを倒したウルトラマン。知恵と科学で怪獣を倒した人類。一体、ウルトラマンと人類のどちらが最強なのだろうか?

 

本作は飯島監督の『ウルトラマン』最終作。

飯島監督の作品は『ウルトラQ』も『ウルトラマン』もバラエティに富んでいて幅の広さを感じる。同じバルタン星人の話でも未知との遭遇の恐怖を描いた「侵略者を撃て」と侵略者との丁々発止の駆け引きを描いた娯楽作「科特隊宇宙へ」では作品の雰囲気が180度違っていた。

 

本作は若槻文三さんのウルトラシリーズ初登板作でもある。