読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「海底科学基地」 『ウルトラマン』制作第24話

ウルトラマン

「海底科学基地 -深海怪獣グビラ登場-」

ウルトラマン』制作第24話

1966年12月25日放送(放映第24話)

脚本 藤川桂介

監督 飯島敏宏

特殊技術 高野宏一

 

深海怪獣 グビラ

身長 50m

体重 3万5千t

海底センターを襲った。角がドリルになっていて八つ裂き光輪も撥ね返す。汐を吹いて相手の目を潰す。水中はもとより、地上、さらには空も飛ぶ。角を折られ、スペシウム光線で倒された。劇中、未呼称。

 

物語

海底センターのパイプラインとドックが破損してムラマツキャップ達が閉じ込められてしまう。フジ隊員は自分の責任を感じるが…。

 

感想

アメリカ映画によくある怪獣によるパニックもの。

お約束通りに総裁がパニックに陥って事態を悪化させようとするが、ムラマツキャップの適切な対処で実際に何かしたと言う事は無かった。

 

フジ隊員を励ますイデ隊員。やっぱり気がある?

ただし海底センターに救助に行く時は科特隊員として励ましていた。

 

本部の通信員が声のみで登場。

やはり、これだけの規模の組織が5人(ホシノ君を含めても6人)なのは無理があるよな。

 

トランプで気を紛らわせようとするムラマツキャップ達。ジェニーかホシノ君が持っていたのだろうか?

 

ジェニーを励まそうと健気に頑張るホシノ君。総裁とはえらい違い。

今回の撮影の合間に津沢彰秀さんが人工スキー場で怪我をして降板になったので、これが最後の活躍になってしまった。(「怪彗星ツイフオン」は本作と同時撮影だった)

 

何でもありのグビラ。とても自然の生物とは思えない。ひょっとしたら、地球侵略を企む宇宙人に改造されたのかもしれない。

 

ハヤタ隊員は特殊潜航艇の中で変身したが特殊潜航艇は壊れなかった。おそらく等身大に変身してテレポーテーションで外に出たのだろう。

戦いが終わった後、アラシ隊員が不思議な顔でハヤタ隊員を見る。バレた?