shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

『妖星ゴラス』(1962年公開)

妖星ゴラス

1962年3月21日公開

監督 本多猪四郎

特技監督 円谷英二

脚本 木村武

 

地球防衛軍』『宇宙大戦争』と続く「宇宙」を舞台にした作品。本作ではミステリアンやナタール人と言った侵略者は登場せず、ゴラスと言う星が脅威として登場している。
 
地球防衛軍』『宇宙大戦争』では地球内の争いは殆ど描かれず、地球人と侵略者の丁々発止の駆け引きが描かれていたが、本作には侵略者がいないので地球内の争いが色々と描かれている。それは隼号内のちょっとした意見の食い違いの他、鳳号の荒くれ者の乗員達と周囲の軋轢、隼号遭難とゴラス接近に対する日本の与党と野党の駆け引き、田沢博士と河野博士の立場の違いと実に様々。そしてそれら大小様々な争いがゴラス接近の中に飲み込まれていき、やがて世界的な政治武力の対立も全て取っ払って、地球人類が一丸となってゴラス接近による地球消滅の危機を回避する為に動く事になる。
 
この時期の特撮作品は後半に入ると人間ドラマが弱くなる傾向があったが、本作は全編通して濃密な人間ドラマが展開されている。
たとえば智子が「たとえ地球が消滅して死ぬ事になっても決して博士を恨まない」と言って田沢博士の努力に感謝を述べるが、その智子の姿が逆に田沢博士に「絶対に地球を救う」と決意させる事になったり、恋人の死や地球消滅の危機で生きる気力を失った滝子が喧嘩別れした金井の記憶喪失になった姿を見て、その世話をしようと決意した事で再び生きる事に積極的になる等、人間関係の拾い方が実に上手い。
 
特撮に関しては広大なセットが作られた南極基地の完成度の高さに思わず溜め息が漏れる。
宇宙空間の描写に関しては、他の作品では狭い画面の中を宇宙船が行き来している感じだったのが、本作ではまさに広大な宇宙空間を移動しているかのような奥行や広がりがあり、アナログによる宇宙描写は既に完成の域に達しているとも言える。
物言わず接近してくる妖星ゴラスの威圧感はキャラクターである怪獣や侵略者では出せない領域に達していて、まさに宇宙の脅威であった。
 
残念なのはマグマ関係。
脈絡無く登場したので唐突な印象を残す。
また、本作は科学を軍事からそれ以外へと使い方を変えていくと言うテーマがあり、実際、ゴラス爆破を諦めて地球を移動させる南極計画が採用される流れになっている。そんな中、科学者達が国連VTOL機に乗ってレーザーでマグマを殺してしまうのは本作のテーマからも外れてしまっている。
やはりここは地震か装置の故障と言う事にしてほしかった。