読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

『モスラ』(1961年公開)

特撮

モスラ

1961年7月30日公開

監督 本多猪四郎

特技監督 円谷英二

脚本 関沢新一

 

ゴジララドンに続くスター怪獣となるモスラの初登場作品。
日本映画の黄金時代に作られたからか、どこを見てもスケールの大きさが感じられる作品。この頃は映画が国民にとっての一番の娯楽だったと言うのが画面から伝わってくる。
 
1950年代の特撮作品は全体的にシリアスで重めの雰囲気だったが、本作は全体的に軽くてコミカルに作られていて見易くなっている。良い人間である主人公達と悪い人間であるネルソン達の対決と言う構図も分かりやすく、『ゴジラ』に比べて敷居が低い。この分かりやすい作風が家族向け作品に合っていたのか、1960年代の特撮作品はこの作風を踏襲するようになった。
 
ゴジラ』は「核時代の人間」「恐竜」「辺境の伝説」「戦争」と言う要素があり、その内の「恐竜」部分は『ゴジラの逆襲』『空の大怪獣ラドン』に引き継がれ、「辺境の伝説」部分は『獣人雪男』『大怪獣バラン』『モスラ』に引き継がれた印象。
 
「核」に関しては本作でもインファント島が核実験場だったと言う設定があるが、後半に入るとそこにはあまり触れられなかった。『空の大怪獣ラドン』もだったが、この頃になると核は導入部分に使われるに留まって作品の後半までメインテーマになる事は無くなった。
 
フランキー堺さん演じる善ちゃんは一歩間違えたら観客に嫌われそうなキャラになるところを好感持てるキャラに出来たのが素晴らしい。
 
ゴジラを始めとする日本の怪獣は着ぐるみ方式なので中に入っている人間の形がどうしても残ってしまっていたが、モスラは幼虫成虫共に人間の形を排する事に成功し、怪獣デザインの幅を広げる事に成功した。
一方の小美人は人間そのままでありながら大きさを変える事で異形の存在になると言う発想の転換が見事であった。
 
『空の大怪獣ラドン』と『大怪獣バラン』は『ゴジラ』の影響がまだ残っていたが本作は脱『ゴジラ』を果たしたと言える。