読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「噴煙突破せよ」 『ウルトラマン』制作第21話

ウルトラマン

「噴煙突破せよ ー毒ガス怪獣ケムラー登場ー」

ウルトラマン』制作第21話

1966年12月4日放送(放映第21話)

脚本 海堂太郎

監督 樋口祐三

特殊技術 高野宏一

 

毒ガス怪獣 ケムラー

身長 35m

体重 1万t

大武山の火口から出現した。口の中を発光させて亜硫酸ガスを吐き、尻尾の先から光線を撃つ。スペシウム光線にもビクともしない強豪だったが、背中の急所にマッドバズーカを受けて火口に帰って行った。

名前の由来は「煙」。

 

物語

大武山周辺で異常が起きてフジ隊員とホシノ君が調査に向かう事となったが、そこにケムラーが現れた!

 

感想

脚本の海堂太郎とは樋口監督のペンネーム。

自ら脚本を担当した樋口監督は東宝怪獣映画のような本格怪獣作品を作り上げた。

ケムラーはデザイン、設定共に力が入っていて、スペシウム光線も効かない強豪。最後もただ爆発するのではなく、わざわざ火口に帰す等、樋口監督の愛を感じる怪獣だった。

 

冒頭の場面に登場した子供は何の迷いも無く鳥の死骸を掴む。自分にはとても出来ない。

 

今回は珍しく調査に気乗りしない科特隊。地元の人も嫌がっていたし、このくらいの異変は日常茶飯事なのか?

 

二度ある事は三度ある。またまた忍び込んだホシノ君。やはり科特隊は危機管理がなってない。ホシノ君だから良かったものの悪人だったらどうするの?

そのホシノ君は今回も大活躍。おそらくウルトラシリーズで最も活躍した子供だろう。

今回は隊員服だけでなくブレザー姿も披露している。

 

初めて単独で調査をする事になったフジ隊員。

結局はホシノ君と一緒になったが、お姉さん風吹きまくりだった。

 

今回の話で小型ビートルの発進方法が分かるが、あんなに色々としなければならないとは意外だった。

小型ビートルの着陸も見られるが、あんな角度で着陸するものなのか?

 

飛行機がケムラーに襲われる場面があったが、あれだけの被害が出ていて危険勧告は出ていなかったのだろうか?

 

ギャンゴ戦の水中変身に続いて今回は空中変身が見られる。その他、死んだと思われていたが実は生きていた等、意外と『ウルトラマン』中では見られないウルトラシリーズのお約束を見せてくれる。

 

ウルトラQ』に「ケムラーの逆襲」と言うプロットがあるがケムラーが毛虫のイメージだったりと内容は全くの別物で今回の話とは関連は無いと思われる。ただし、ケムラー出現時に『ウルトラQ』のテーマ曲がかかっているので、スタッフも少しは意識していたのかもしれない。