読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「恐怖のルート87」 『ウルトラマン』制作第20話

ウルトラマン

「恐怖のルート87 -高原竜ヒドラ登場-」

ウルトラマン』制作第20話

1966年11月27日放送(放映第20話)

脚本 金城哲夫

監督 樋口祐三

特殊技術 高野宏一

 

高原竜 ヒドラ

身長 60m

体重 不明

ムトウ・アキラのデザインをモデルにした大室山の像と関係しているらしい謎の怪獣。有史以前から日本に棲みついていた子供達の守り神らしい。口から吐く火とクチバシが武器。国道87号線の車を襲うが最後はアキラの魂と共に消えた。

話の舞台になった伊豆シャボテン公園にある高原竜の石像をモデルにしている。

 

物語

高原竜ヒドラが暴れると謎の少年アキラが告げる。フジ隊員が調べてみると、アキラは半年前に国道87号線で轢き逃げに遭っていた。

 

感想

なんとも不思議な話。

死んだ少年の魂がメッセンジャーとして登場する話は『ウルトラセブン』の「ノンマルトの使者」に繋がる。

 

おそらくヒドラはアキラが考えた空想の存在だったのだろう。『ウルトラマン』の世界では現実と空想の壁は存在しない。空想の存在が現実に現れても不思議ではないのだ。

 

科特隊基地の守衛が登場。侵入者がいれば警報が鳴るらしいが、ザラブ星人の時は鳴らなかったぞ。

イデ隊員は科特隊基地は子供の遊び場ではないと言っているが、いつも来ているホシノ君は?

 

ハヤタ隊員が腕を怪我したが、ウルトラマンにはあまり影響が無かった。おそらく肉体的なダメージは共有されないのだろう。(テレポーテーションは命そのものに影響する技だったと思われる)

 

ベムラー戦以来のウルトラ作戦第二号が登場したが失敗したのでどういう作戦かイマイチよく分からない。

 

タンクローリーの爆発でヒドラが血を流している。怪獣の血はあまり見られないので、ちょっと痛々しい。

 

最後に犯人が自首したらしいが、出来れば物語の中に入れてほしかった。なんとも唐突な終わり方。

 

たとえ怪獣に同情すべき部分があっても科特隊は人間社会の秩序を守らなければならないと言うこのテーマは後に「故郷は地球」や「まぼろしの雪山」へ繋がっていく。

 

本作は樋口祐三監督の『ウルトラマン』初登板作。

また、ナレーションが石坂浩二さんから浦野光さんに変わっている。

 

本作は1989年4月に『ウルトラマン大会』の1作として『ウルトラマンUSA』と共に劇場公開されている。