読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「遊星から来た兄弟」 『ウルトラマン』制作第19話

ウルトラマン

「遊星から来た兄弟 -ザラブ星人登場-」

ウルトラマン』制作第19話

1966年11月13日放送(放映第18話)

脚本 南川竜・金城哲夫

監督 野長瀬三摩地

特殊技術 高野宏一

 

凶悪宇宙人 ザラブ星人

身長 180cm~40m

体重 30t~2万t

第8銀河ザラブ星の宇宙人。地球人の兄弟を名乗って友好的な素振りを見せるが実は侵略者。手から高周波や破壊光弾を放ち、催眠術や変身能力で地球人の信頼感を壊していく。にせウルトラマンに変身するも本物のウルトラマンスペシウム光線を受けて炎上した。

名前の由来はブラザー(兄弟)を逆さまにして。ラゴンの着ぐるみを利用している。

 

にせウルトラマン

身長 40m

体重 2万t

ザラブ星人の変身した姿。目が吊り上がり、全身に黒いラインが入っている。本物のスペシウム光線を受けて正体を現した。

 

物語

東京の街を放射能の霧が覆った。そんな中、地球人の兄弟を名乗るザラブ星人が現れる。

 

感想

後にシリーズのお約束となったにせウルトラマン編。

姿形が似ていて本物かどうか混乱させる(ニセ・ウルトラセブンやニセ・アストラ等)、ウルトラマンのアンチテーゼ(イーヴィルティガやカオスウルトラマン等)、の2通りに分けられるがザラブ星人はそのどちらも兼ね備えている。

 

宇宙に争いの種を撒く為に生まれたザラブ星人と宇宙に平和をもたらす為に生まれたウルトラマン。両者は表裏一体の関係で宇宙の善と悪を体現している。

その為、ザラブ星人ウルトラマンが抱える疑問点を暴き出す。事件が起こらないと現れないウルトラマンは裏を返せばウルトラマン自身が事件を起こしているのでは? ウルトラマンを応援する科特隊だが裏を返せばウルトラマンの言いなりなのでは?

ウルトラマン』が名作なのは、このように常に自己検証をしているからだろう。

 

にせウルトラマンのデザインだが登場が夜のシーンなので黒いラインは意外と気にならない。

なぜ誰も偽者だと気が付かないのかと突っ込まれるが、ウルトラマンが出ているのはわずか3分。しかも怪獣が出ている時なので現場に残っている人も少ない。その為、ウルトラマンが本物かどうか確かめられる人は少なかったのだろう。(でも科特隊くらいは気付いてほしかった)

 

科特隊の服は放射能も防ぐし宇宙にも行けるらしい。バリアー装置が云々と言っていたので、目に見えない膜かなんかあるのかも。

 

黒服を着ているザラブ星人は背が低くなっている。どうして?


ザラブ星人をいきなり撃ったアラシ隊員を責めるムラマツキャップ。是非ともウルトラ警備隊に聞かせたい。

 

やっぱり科特隊基地は危機管理がなっておらず、中に入られたザラブ星人にいいようにされてしまい、イデ隊員がせっかく作ったパンスペースインタープリンターも壊されてしまう。

 

今回のジェットビートルはハイドロジェネレードロケット無しで宇宙へ。まだ地球の近くだったから大丈夫だったのだろう。

 

ザラブ星人に捕まるハヤタ隊員。

主人公の正体が既にバレている初のパターン。(バルタン星人(2代目)の時は明言されていない)

墜落以外でハヤタ隊員が危機に陥るのは珍しい。そう言えば、今回の話でジェットビートルが初めて墜落炎上している。

 

特別隊員になったホシノ君は涙でザラブ星人の鎖を切ったりと大活躍。ベーターカプセルを届けに来るが、ひょっとして、ハヤタ隊員の正体に気付いている?