読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

『宇宙大戦争』(1959年公開)

宇宙大戦争

1959年12月26日公開

監督 本多猪四郎

特技監督 円谷英二

脚本 関沢新一

 

shoryu38.hatenablog.com

 

地球防衛軍』の姉妹編。
同じ名前の登場人物もいるが演じている役者が殆ど違うので、続編と言うわけではなく、繋がりは実質無いと考えて良いと思う。
 
しかし、シチュエーションや地球人の技術力等は『地球防衛軍』を踏まえているように思える。
まず宇宙ステーションが登場し、宇宙からの外敵に備えて迎撃システムも備えられている。また、月に行けるほどの技術力も有している他、ナタール人の円盤や基地を破壊できるほどの破壊力を持った兵器も既に開発されている。
 
地球防衛軍』ではミステリアンが富士山麓に基地を建設していたので、地球内での戦いに終始していたのだが、本作では宇宙空間での戦闘の他、地球人が月にまで乗り込んでナタール人の基地を破壊すると舞台が大きくなっている。
 
冒頭いきなり宇宙ステーションが破壊され、国際会議の出席者の一人がナタール人によって洗脳され、地球人の方もすぐさま月に向かう等、全編に亘って地球人とナタール人との攻防が描かれている。また、序盤から多数の外国人キャストを動員し、各国の協力による調査隊がすぐに結成される等、最初からクライマックスのような規模で話が展開されている。
 
最初からいきなりクライマックスにしてしまった為か、中盤ではややテンションが落ちるところがあるが、舞台を地球に戻してからの最終決戦は伊福部昭さんによる『宇宙大戦争マーチ』がかかる中、円谷監督による光線が乱舞する地球人とナタール人の総力戦が盛り上がりを見せる。最終決戦の大混戦は日本の特撮作品では他に類を見ない規模のもので今も尚見劣りしない迫力とスピード感がある。画面のあちこちを光線が横切っている絵のなんと素晴らしい事か。
 
絶対零度近くにまで冷却された物質は重量が無くなるとか、月における重力の表現とか、月面の一部には空気が残っているとか、今の視点で見ればおかしい部分もあるが、これは時代によって説が変わっていくので仕方が無い部分。むしろ、当時の説を見る事が出来て色々と興味深い。
 
ナタール人の司令円盤がクライマックスに登場するが冷却による無重力状態の表現が面白く、単なる爆破よりも侵略者の脅威が描けている。
残念だったのはミステリアンに比べてナタール人自体の描写が少なく、「高度な科学力を持った侵略者」としか描かれていなかったところか。彼らの考え等も色々と知りたかったところ。
 
この頃の特撮作品と同じくこの作品も人間ドラマは弱いので、心情面からドラマを見る人にはきついかもしれない。