読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「科特隊宇宙へ」 『ウルトラマン』制作第16話

ウルトラマン

「科特隊宇宙へ -バルタン星人登場-」

ウルトラマン』制作第16話

1966年10月30日放送(放映第16話)

脚本 千束北男

監督 飯島敏宏

特殊技術 高野宏一

 

宇宙忍者 バルタン星人(2代目)

身長 ミクロ~50m

体重 ほぼ0~1万5千t

前回の戦いを生き残った者がアール惑星に逃げ延びで地球に再び宣戦を布告した。重力バランスを操り、火炎、テレポーテーション、スペルゲン反射鏡、光波バリアー等を駆使して戦うが、八つ裂き光輪とスペシウム光線に敗北する。

実は初代より2代目の方が本来のデザインに近い。

 

物語

アール惑星に逃げ延びたバルタン星人の生き残りが地球に宣戦を布告。宇宙ロケットのオオトリを襲い、ハヤタ隊員が宇宙に出た隙を狙ってウルトラマンのいない地球を襲う。

 

感想

よく1話にまとめられたなぁと思う大娯楽編。

 

バルタン星人再登場だけでも燃えるのに新兵器が続々登場。

スペルゲン反射鏡は肉体を改造してまでウルトラマンに挑む心がけが天晴れ。でも新技八つ裂き光輪には対処出来ず敗北。

ウルトラマンは1人なので2か所を同時に攻撃すれば良いと言う画期的な作戦を展開しても新技テレポーテーションの前に失敗。

わざわざ戦う前に自慢した光波バリアーも新技ウルトラ眼光で解除されてしまう。

せっかく研究したのに見た事も無い新技を出されるなんて、さぞかし無念だったろうなぁ。

 

バルタン星人の青い玉はベムラーを思い出させる。

 

バルタン星人に対抗してウルトラマンも新技を次々と繰り出す。しかし命を縮める大技テレポーテーションを出したのにカラータイマーが青いままなのは変だ。

 

小型ビートルのリモートコントロール装置、宇宙にも行けるハイドロジェネレードロケット、そしてマルス133と科特隊もバルタン星人ウルトラマンに負けじと新兵器を次々に投入。

因みに小型ビートルにハヤタ隊員以外が乗ったのは今回が初。墜落しなかったのも今回が初だったりする。

マルス133はスペシウム光線と同等の威力を持つと言われているが劇中での説明は無い。マルスは火星と言う意味なので、133はスペシウムの元素記号かもしれない。2丁作ったのに1丁しか使われなかったが、当初はアール惑星でも使う予定だったのだろうか。

 

全宇宙語翻訳機であるパンスペースインタープリンター。イデ隊員は前回のバルタン星人との話し合いで怖い目に遭ったので、もう二度とあんな目に遭わない為に開発したのかもしれない。

 

宇宙ロケット・オオトリを開発した毛利博士は自ら乗り込むのも凄いが、宇宙でスーツ、さらに食事がステーキと言うのも凄い。

バルタン星人に乗っ取られた後はどうなったか語られていないが、死んでしまったのだろうか?

 

実はジェットビートルの設計もしていたイワモト博士。本当にこの人の専門は何?

今回からジェットビートルはいつものVTOL方式の他にカタパルト方式の発進も登場している。

 

ハヤタ隊員はジェットビートルの中で変身したが、ムラマツキャップにバレなかったのだろうか?

 

今回は命を縮める大技テレポーテーションを使った為か、ハヤタ隊員は仮死状態に陥ってしまった。

 

最後のシーンでホシノ君が隊員服を着ている。さすがに宇宙に行くのに普段着と言うわけにはいかなかったのだろう。どうして子供用があったのか疑問だが、隊員服は普通の服より丈夫そうなので、いつも勝手に危険な所に行くホシノ君の為に作っておいたのかもしれない。