読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「恐怖の宇宙線」 『ウルトラマン』制作第15話

ウルトラマン

「恐怖の宇宙線 -二次元怪獣ガヴァドン登場-」

ウルトラマン』制作第15話

1966年10月23日放送(放映第15話)

脚本 佐々木守

監督 実相寺昭雄

特殊技術 高野宏一

 

二次元怪獣 ガヴァドン

身長 A・30m B・60m

体重 A・2万t B・4万t

特殊な新元素を含む宇宙線と太陽光線が融合した結果実体化した子供の絵。日没と共に絵に戻る、昼間にしか見られない夢の存在。尻尾を切られても寝てばかりだったので、子供達に怪獣はもっと暴れるものだとAからBへと描き直された。光線を吐き、ダイヤモンドを噛み砕くらしいが、やはり寝てばかりで、最後はウルトラマンによって宇宙に運ばれて星となった。

名前の由来は『ひょっこりひょうたん島』の「ドン・ガバチョ」から。

 

物語

ムシバ少年の描いた怪獣ガヴァドンの絵が実体化するが寝てばかり。子供達はガヴァドンに大暴れしてほしいが…。

 

感想

山田正弘さんのような脚本だが佐々木守さんの脚本。中川監督や飯島監督の作品みたいだが実相寺監督作品。今回は佐々木・実相寺コンビでは唯一の子供が主役になっている話。

 

冒頭で子供達が描いた怪獣の絵の中には『ウルトラQ』の怪獣も何体かいる。授業で怪獣の絵を描いたのだろうか?

 

ガヴァドンは暴れないが寝ているだけで経済活動を破綻させてしまう。たとえ怪獣に悪意が無かろうと社会が害を被るので倒さなければいけないと言うテーマは後に深く掘り下げられる事になる。

 

イデ隊員は夜中に絵を消してしまえば良いと提案するがムラマツキャップは拒否。科特隊たるもの怪獣を倒さなければいけないらしい。

ウルトラマンは夢の結晶(ガヴァドン)を倒す悪い奴だと子供達から罵声を浴びせられてしまう。

佐々木・実相寺コンビは『ウルトラマン』の基本設定が抱える疑問点を暴き出す。

 

子供は大人の都合なんてお構い無し。でも落書きはいけないんじゃあ…。

ガヴァドンは子供達の言う事を聞かず暴れてくれなかったが、だからこそ夢のままで終えられたのだろう。因みにガヴァドンが暴れたらどうなっていたかは『帰ってきたウルトラマン』の「戦慄! マンション怪獣誕生」で描かれている。

 

今回はホシノ君が登場した方が良かったと思う。ハヤタ隊員がゲストの子供と知り合いだったのはちょっと唐突。

 

今回のウルトラマンの声はナレーションの石坂浩二さんが担当。ちょっと違和感がある。

 

前回はともかく今回もカラータイマーが点滅していないのはちょっと不満が残る。