読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「真珠貝防衛指令」 『ウルトラマン』制作第14話

ウルトラマン

真珠貝防衛指令 ー汐吹き怪獣ガマクジラ登場ー」

ウルトラマン』制作第14話

1966年10月16日放送(放映第14話)

脚本 佐々木守

監督 実相寺昭雄

特殊技術 高野宏一

 

汐吹き怪獣 ガマクジラ

身長 35m

体重 1万t

真珠のエッセンスが好物。フジ隊員曰く「女の敵」。汐を吹く事でダメージを緩和して体質を強化できる。小型ジェット噴射機で空に飛ばされたところをウルトラマンの体当たりを受けて爆発した。

名前の由来は「ガマガエル」と「クジラ」。

 

物語

真珠の値段が高騰した原因は真珠貝を食べる怪獣ガマクジラにあった。フジ隊員は女の執念でガマクジラに挑む!

 

感想

佐々木・実相寺コンビの第1作。

後の作品に比べるとまだおとなしいが、鏡越しの映像や場面切り替え時の音等、実相寺スタイルが既に出ている。

 

気球爆弾、電子網、おそらく「こんな事もあろうかと」作っておいた真珠爆弾、小型ジェット噴射機と次々と作戦が繰り出される展開は後の対スカイドン戦でも繰り返されている。

 

誕生石である真珠に対するフジ隊員の執念が面白い話。

イデ隊員はフジ隊員の買い物に付き合わされているがデートと言うより荷物持ち。

 

小型ビートル再登場。そして再び炎上…。


フジ隊員が本部に連絡を入れる場面があるが、科特隊にはレギュラー陣以外の人もいるみたいだ。

 

当初の予定ではウルトラマンガマクジラに敗れ、ハヤタ隊員とウルトラマンの怪我が一致する事からムラマツキャップが両者の関係を怪しむ展開があったらしい。しかし、ウルトラマンのスーツがAタイプからBタイプに変更となって撮影のリテイクが起き、結果、ウルトラマンの敗北は無くなり、正体がバレる事も無くなった。

 

と言う事で今回からウルトラマンBタイプ登場。

前回までのAタイプはラテックス製で喋らせる為に口が動くようになっていたが、あまり効果が無い上にシワが寄る等の不都合が起きて今回の変更となった。その為、BタイプはFRP製で口も固定されている。ところが今度は靴のサイズを間違えたらしく、偽者みたいに爪先が尖がってしまっている。

どちらにせよ、謎めいた雰囲気を持つAタイプもスマートなBタイプもそれぞれ魅力的だ。

尚、ウルトラマンの口が動くと言うアイデアは30年後の『ウルトラマンゼアス』や40年後の『ウルトラマンメビウス』においてようやく(少しだけ)実現している。