shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

『地球防衛軍』(1957年公開)

地球防衛軍

1957年12月28日公開

監督 本多猪四郎

特技監督 円谷英二

脚本 木村武

 

ゴジラを始めとする「怪獣」の他に「宇宙人」や「超兵器」と言った項目を特撮作品に加えた作品。
 
地球人とミステリアンの攻防がメインで、最初はただ逃げ惑う事しか出来なかった地球人が、自衛隊が出動し、空中戦艦が投入され、日本以外の国も作戦に加わり、遂にはマーラカイトファープや電子砲と言った超兵器を完成させて形勢逆転する展開はカタルシス満点!
ミステリアンはこの戦いの最中に新たな兵器を開発する事をしなかったのが敗因の一つと言える。地球人が常に技術の向上を図ったのに対し、ミステリアンには強者の驕りがあった。
 
渥美や白石と言った出番の多い人物はいるが、基本的にはミステリアンとの戦争に関わる様々な人の動きを見せる群像劇に近い形になっている。あまり登場人物の心情に重きを置いていないので、どことなくドキュメンタリー的な感じも受ける。
 
短い時間でミステリアンとの戦争を描いているので展開が早いが、それでも描写不足と言うものはあまり感じなかった。
たとえば、最初にモゲラを出す事で怪事件の原因が何者かが作った超兵器であると登場人物全員が理解し、その後もすぐにミステリアンの存在を公にしてメッセージを出させる等、謎を出してから解答を出すまでの時間が短く、結果として「宇宙人なんてそんな馬鹿な事あるもんか!?」とか言うやり取りを大幅に省いている。
ミステリアンの要求を土地だけでなく本作のヒロインを女として差し出せとした事で宇宙人との共存か否かと言う選択肢を無くしてミステリアンとの戦争のみに話を絞る等、あれもこれも描くと言うのではなく、描く事を必要最小限に留めて一本道の話を作っている。この割り切りはかなり思い切ったもので、この取捨選択のセンスが見事。ただ、さすがに白石の心情は描いてほしかったなと思う。
 
ミステリアンは核兵器で滅亡の道を辿るかもしれない人類の未来の姿であり、当時の核戦争に対する恐怖と言うのが見える。『ゴジラ』も「戦争」と「核」が下敷きになっているが、今回はそれをよりストレートに描いている。
 
前半に登場したモゲラは可愛い外見ではあるが、その無機質さと人類を襲う事のみを目的としている事から結構な怖さがあった。終盤の忘れかけていた頃に再登場した時は、ここでさらなる形勢逆転が起きるのか!?と期待したが、マーラカイトファープの下敷きになって地上にちゃんと出る事は無かった…。いや、ここはもう少しモゲラに活躍の場を与えてあげてよ…!