読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「オイルSOS」 『ウルトラマン』制作第13話

ウルトラマン

「オイルSOS ー油獣ペスター登場ー」

ウルトラマン』制作第13話

1966年10月9日放送(放映第13話)

脚本 金城哲夫

監督 円谷一

特殊技術 高野宏一

 

油獣 ペスター

身長 50m

体重 2万5千t

中近東から日本にかけて、オイルを狙ってタンカー等を次々と襲った。水中では青い発光体に見える。口から火を吐くが、自ら引き起こした火炎に巻かれて弱ったところをスペシウム光線で止めを刺された。

名前は「石油を食べるヒトデ」と言う意味の「ペトローリアム・スターフィッシュ」を縮めたもの。ただし、劇中では名前は呼ばれていない。

 

物語

オイルを食べるペスターが出現。出動する科特隊だったがイデ隊員のミスで大火災が起きてしまう。

 

感想

今回のペスターも2人用の着ぐるみとなっている。『ウルトラマン』になって巨大怪獣を毎回出さなくてはいけなくなった分、出来るだけ毎回違った怪獣を出そうと言う事なのだろう。

 

科特隊中近東支部が登場。トルコ支部とは違うのか? 組織の再編成でもあったのか?

 

科特隊法規と言うものが登場。要請があったら一応調べないといけないらしい。是非ともTACに聞かせたい。

 

今回の科特隊は珍しくミスを犯している。イデ隊員の行動もだが、今回は特殊潜航艇を使えば良かったのでは?

 

またまた登場のイワモト博士。この人の専門は何なの? でも、そこが良い。

 

新技ウルトラ水流登場。あまり勢いが無いように見えるが見事に鎮火した。

 

ペスターウルトラマンと殆ど戦う事無く倒されてしまった。今回のウルトラマンはイデ隊員を救出する為に現れ、ペスターとの戦いはそのついでに過ぎなかった。おそらくスタッフはウルトラマンの存在理由を単なる怪獣始末屋にしたくなかったのだろう。