読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「ミイラの叫び」 『ウルトラマン』制作第12話

ウルトラマン

「ミイラの叫び ーミイラ怪獣ドドンゴ登場ー」

ウルトラマン』制作第12話

1966年10月2日放送(放映第12話)

脚本 藤川桂介

監督 円谷一

特殊技術 高野宏一

 

ミイラ怪人 ミイラ人間

身長 2m

体重 110kg

およそ7千年前のミイラ。人間の祖先かどうかは不明。念力を使い、目から怪光線を放つ。発見された洞窟に戻ろうとするがスパイダーショットで倒された。

劇中での呼び名は「ミイラ」。

 

ミイラ怪獣 ドドンゴ

身長 30m

体重 2万5千t

ミイラ人間のテレパシー受けて活動を開始した。ミイラ人間を助けようと東京に向かう。目から怪光線を放つが、スパイダーショットで目を潰され、スペシウム光線で倒された。

劇中では名前は呼ばれなかった。デザインモデルは「麒麟」と思われる。

 

物語

洞窟から7千年前のミイラが発見され、イワモト博士は生命の神秘を解き明かそうとするが…。

 

感想

クレジットはされていないが、今回と次回の特殊技術を担当したのは円谷監督。今回の目玉は初の2人用着ぐるみのドドンゴで、新しい事をしようと言う気合いが感じられる。

 

今回からオープニングが変更。『ウルトラマン』の怪獣が出ているが『ウルトラQ』の怪獣も出ている。何の怪獣か分からないのが何体かいるが登場する予定だった怪獣だろうか?

 

科学センターがまたまた登場。そしてまたもや事件が起きる。やはり危機管理がなってない…。

 

科特隊の新兵器バリアーマシンは相手の光線を自動的に防ぐと言う優れもの。ただし、岩の破片等の物理攻撃は防げないと言う弱点がある。この後の出番が無いのが残念。

 

今回も人間の業が生み出した悲劇。ウルトラマンもそれを知ってか、スペシウム光線を撃つ時に躊躇いがあった。スペシウム光線のポーズは銃を撃つ構えからきているらしいが今回は十字架に見えた。

 

今回は珍しくウルトラマンからハヤタ隊員に戻る場面がある。

 

ハヤタ隊員への疑問を再び口にするイデ隊員。確かに毎回いなくなったら気になるよねぇ…。