読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「謎の恐竜基地」  『ウルトラマン』制作第11話

ウルトラマン

「謎の恐竜基地 ーエリ巻怪獣ジラース登場ー」

ウルトラマン』制作第11話

1966年9月18日放送(放映第10話)

脚本 金城哲夫

監督 満田かずほ

特殊技術 高野宏一

 

エリ巻怪獣 ジラース

身長 45m

体重 2万t

元々はネス湖に棲んでいたがモンスター博士によって北山湖に連れて来られた。釣り人が撒いた毒によって湖上に姿を現す。ウルトラマンにエリ巻を取られ、ウルトラかすみ斬りで止めを刺された。

ゴジラの着ぐるみを利用している事はあまりにも有名。名前の由来は沖縄の言葉で「次郎おじさん」。

 

物語

北山湖で不気味な生活を送るモンスター博士の一番のお気に入りはジラースと言う恐竜(怪獣)だった!

 

感想

ウルトラマンゴジラの夢の対決。その為か戦いにも色々と遊びが入っている。こういう戦いは好きだが、ウルトラマンジラースゴジラ)をからかっているようにも見えてしまう。「もう、お前の時代じゃないよ」と…。

 

特殊潜航艇のS21号が登場。

乗組員用のマスクが付いたり、音波探知機や水中カメラが付いたりと対ベムラー戦の反省を生かした改良が施されている。

 

なんとも異様なモンスター博士の研究室。恐竜についての講義がところどころおかしいが、恐竜は全て凶暴と言うイメージがあったのだろうか…? 因みにモンスター博士の取材にやって来た少年グラフの車もモンスター博士に負けず異様なデザインだったりする。

 

モンスター博士こと中村博士の正体は二階堂教授だった。二階堂教授とモンスター博士の関係は『ジキル博士とハイド氏』を思い出させる。ジキル博士はハイド氏に完全に乗っ取られる前に自殺したが、二階堂教授はモンスター博士に完全に乗っ取られてしまった。

しかし、モンスター博士はまだ理性があった気もする。自分の正体やジラースの存在を隠したのも、それが法律に触れる事と分かっていたからだ。魚を獲る為に湖に毒を撒いた釣り人の方がよっぽどどうかしている。


今回のハヤタ隊員は変身を躊躇った節がある。何故ならジラースはモンスター博士によって勝手に北山湖に連れて来られ、釣り人が撒いた毒に苦しんで出てきただけの被害者なのだ。戦いの後、ウルトラマンジラースを弔うのだが、深読みすれば今回の戦いに遊びが入っていたのは、ウルトラマンジラースを退治したくなかったので退治ではなく勝負として戦おうとしたのかもしれない。