読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「宇宙から来た暴れん坊」 『ウルトラマン』制作第10話

ウルトラマン

「宇宙から来た暴れん坊 -脳波怪獣ギャンゴ登場-」

ウルトラマン』制作第10話

1966年9月25日放送(放映第11話)

脚本 宮田達男

監督 満田かずほ

特殊技術 高野宏一

 

脳波怪獣 ギャンゴ

身長 220cm~50m

体重 60kg~6万t

2m以内の人間の脳波を受けて何にでも変化する石がある男の意思を受けて怪獣に変化した姿。子供っぽい仕草でどこか憎めない。男が怪獣の事を忘れると元の石に戻り、ウルトラマンによって宇宙に戻された。

名前の由来は「ギャング」から。ベムラーの着ぐるみを利用している。

 

物語

ホシノ君達は何にでも変化する不思議な石を拾ったが、ある男の手に渡ってしまい…。

 

感想

青島幸男さん演じる記者は石に花嫁を望むが何故か上司に変わってしまう。普段からよっぽど怒られているのか?

 

科学センターが再登場。危機管理がちょっとなっていない。

 

防衛軍が意外と強く、対ネロンガ戦で使用した熱戦砲車でギャンゴのアンテナを壊している。

 

今回もハヤタ隊員が指示を出している。明確にサブリーダーと言われる事は無いものの、細かく見ればキチンと設定が使われている。

 

ひょっとしたら、石を盗んだ男は足の怪我で挫折して何か願いを叶えられなかったのではないだろうか? 男は自分が成功できなかった世間に復讐をしたかったのかもしれない。もっとも、やる事がイタズラの域を出ていなかったので誰かを傷付ける気までは無かったと思われる。

 

今回は珍しい水中変身が見られる。


ウルトラマンギャンゴの戦いは遊びの連続で面白い。普通に怪獣を倒すより工夫があって良い。あまり本編とかけ離れては困るが…。

 

今回のハヤタ隊員の行動は色々と突っ込みたくなる部分がある。

男が気絶した為に男の心が怪獣に乗り移ったとか、(よくすぐに分かったね)

事件解決後に石をウルトラマンに届けに行ったり…。(正体バレるよ)

 

今回から特技監督のクレジットが特殊技術に変更されている。