読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「電光石火作戦」 『ウルトラマン』制作第8話

ウルトラマン

「電光石火作戦 ーウラン怪獣ガボラ登場ー」

ウルトラマン』制作第8話

1966年9月11日放送(放映第9話)

脚本 山田正弘

監督 野長瀬三摩地

特技監督 高野宏一

 

ウラン怪獣 ガボラ

身長 50m

体重 2万5千t

以前にも現れた事があるらしく、多くの人に名前を知られていた。科特隊も放射能光線を吐くとかウラン235が好物とか皮膚が鋼鉄の5倍の硬さとか色々と知っていた。普段は頭のヒレを閉じているが怒ると開く。ウルトラマンの打撃技でKOされた。

マグラーの着ぐるみを利用している。

 

物語

台風一過にガボラが出現!

科特隊はガボラを街中から引き離そうとするが、行き先に少年団が…!

 

感想

タケシとトシオの友情物語。

それにしても、ああいう状況になったらキャンプは中止になりそうなのだが、ドラマではそのまま強行される事が多い。

 

ホシノ君がいると事件が起きる。嫌なジンクスだがホシノ君が現場に出て何も起きなかった話は今のところ一度も無いので無理も無い。だが、ホシノ君はその分活躍もしている。「侵略者を撃て」に続いて今回もヘリに乗り込んでしまうが、そのおかげで少年団に危機を伝える事が出来た。

 

フジ隊員もブレザーから隊員服に着替えるが、ブレザーはスカートで隊員服はズボン。上だけブレザーの中に隊員服を着ているのだろうか?

 

ガボラ対策会議に記者がいるが、ひょっとして、科特隊の行動は公開されているのかな? 比較的オープンな組織のようだし。(反対にウルトラ警備隊報道規制が厳しそう)

 

ハヤタ隊員は今回もベーターカプセルを落とす。大事な物なのに…。そう言えばモロボシ・ダンもウルトラアイを無くす事が多かったなぁ…。この反省を生かしたのか、その後は道具が要らなかったり指輪だったりと無くさないようになっている。

 

ヘリが落ちてもピンピンしているハヤタ隊員。少年団の2人が怪我をしているのと対比で、科特隊員としてウルトラマンとして超人振りを見せてくれる。

 

本作は元々は「パゴス反撃指令」と言うタイトルだった。ガボラの名前が皆に知られているのもパゴス再登場と考えたら納得。展開が『ウルトラQ』の「虹の卵」に似ているのもそれが関係してだろうか。(脚本が同じ山田さんと言うのもあるのだろうが)