読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「怪獣無法地帯」 『ウルトラマン』制作第6話

ウルトラマン

「怪獣無法地帯 ーレッドキング マグラー チャンドラー ピグモン スフラン登場ー」

ウルトラマン』制作第6話

1966年9月4日放送(放映第8話)

脚本 金城哲夫上原正三

監督 円谷一

特技監督 高野宏一

 

どくろ怪獣 レッドキング

身長 45m

体重 2万t

多々良島の最強怪獣。とにかく暴れる。チャンドラーとピグモンを倒すがウルトラマンに首投げ一本で倒される。スタミナ切れ?

赤くないのに何故か「レッド」キング。『レッドマン』企画時の最強怪獣だったからと言う説がある。因みに今回登場した怪獣はピグモン以外は名前を呼ばれていない。

 

地底怪獣 マグラー

身長 40m

体重 2万5千t

強そうに見えるがレッドキングに恐れをなして逃げてしまう。その後、科特隊に襲いかかるがナパーム手榴弾で倒された。よ、弱い…。

ネロンガの着ぐるみを利用している。

 

有翼怪獣 チャンドラー

身長 36m

体重 1万5千t

翼で突風を起こし、レッドキングに噛み付くが逆に翼をもがれて敗退。最後に科特隊が「全ての怪獣が倒された」と言っているので、出血多量で死んだか科特隊にトドメを刺されたと思われる。

ウルトラQ』のペギラの着ぐるみを利用している。

 

友好珍獣 ピグモン

身長 1m

体重 10kg

怪獣だが人間にも友好的。松井所員達を助けようとするがレッドキングに岩を投げつけられて絶命。出来れば最後に測候所員達と一緒に墓を作ってほしかった。

名前の由来は「ピグミー・モンスター」から。『ウルトラQ』のガラモンの着ぐるみをほぼそのまま利用しているが、もう少し変えてほしかった。

 

怪奇植物 スフラン

身長 100m

体重 8t

ジャングルのお約束。フジ隊員達に襲いかかるがスパイダーショットで焼かれる。

 

物語

多々良嶋測候所からの連絡が途絶えた。科特隊が救助に向かうと、島は地震と火山活動の影響で怪獣達の無法地帯と化していた。

 

感想

ピグモンやスフランも含めると一挙に5体もの怪獣が登場する一大娯楽作品。

科特隊もナパーム手榴弾や特殊風船爆弾やSOS信号弾と新装備が続々登場し、スパイダーショットも火炎や威力を弱めた攻撃と新たな機能を見せてくれた。

 

レッドキングとチャンドラーの戦いで流血が起きている。そう言うのは御法度だったと思ったが…。

 

ハヤタ隊員を助けようとしたムラマツキャップが逆に岩を落としてトドメを刺してしまった場面は思わず「オイオイ!」とツッコんでしまった。

 

ハヤタ隊員は今回もベーターカプセルを落としてしまう。

 

レッドキングの頭部は巨大感を出す為に小さくされたらしいが、それなら下から見上げる構図が欲しかった。

 

ウルトラマンレッドキングの戦いはカラータイマーが青いままでの決着だったのでちょっと物足りない。