読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「ウルトラ作戦第一号」 『ウルトラマン』制作第5話

ウルトラマン

「ウルトラ作戦第一号 ー宇宙怪獣ベムラー登場ー」

ウルトラマン』制作第5話

1966年7月17日放送(放映第1話)

脚本 関沢新一金城哲夫

監督 円谷一

特技監督 高野宏一

 

宇宙怪獣 ベムラー

身長 50m

体重 2万5千t

ウルトラマン曰く「宇宙の平和を乱す悪魔のような怪獣」。

青い玉に変身して宇宙空間を高速で移動し、口から青色の光線を吐く。なかなか頭が良い。宇宙の墓場に護送される途中で地球に逃亡し、さらに逃げようとするがスペシウム光線を受けて爆発した。

名前の由来は幻の企画『科学特捜隊ベムラー』から。

 

物語

謎の赤い玉と衝突したハヤタ隊員はM78星雲の宇宙人と遭遇する。宇宙人は自分の罪を悔い、ハヤタ隊員に自分の命を与えて一心同体になる。

 

感想

ウルトラマンは一体何者なのか?

劇中ではM78星雲の宇宙人と語られている。

自分はウルトラマンは意思を持った光と考えている。それは人間が「神」と呼ぶ存在に近い。

 

特撮雑誌『宇宙船』(朝日ソノラマ)にウルトラマンのデザインはハヤタ隊員の小型ビートルをモデルにしているとの記事があった。もしウルトラマンが実体を持たない光だとしたら、実体が必要な地球での姿として小型ビートルをモデルにしたと言うのは的を得ていると思う。

 

ハヤタ隊員はウルトラマンには名前なんか無いと言っている。これもウルトラマンが光である事を裏付けていると思う。

 

ウルトラマンの出身地は元々は「M87星雲」であったが誤植で現在の「M78星雲」になったらしい。因みにM87星雲はβ線が強烈に降り注いでいる世界らしく、変身道具のベーターカプセルの由来にもなっている。

 

ハヤタ隊員とウルトラマンの関係はどうなっているのか?

まず一つの命を二人で共有している。

人格はハヤタ隊員の時はハヤタ隊員、ウルトラマンの時はウルトラマンの人格が出ているように見える。

問題は記憶。おそらく最初は二人の記憶は別々だったと思われるが、それではハヤタ隊員はウルトラマンの活躍を知る事が出来ない。一度や二度なら気絶していたと説明できるが毎回は使えない。一方のウルトラマンもハヤタ隊員が集めた怪獣の情報が使えないと言うデメリットがある。そこで二人はプライバシーには干渉しないと言う条件で記憶も共有する事になったと自分は考える。

 

ウルトラシリーズでは主人公がなかなか変身しないとツッコまれる事があるが、ウルトラマンは3分間しか活動できないので、変身する前に怪獣の情報を出来るだけ多く集め、ダメージを与えておく必要があるのだろう。また、スペシウム光線を最初から使わない事についても、絶大な威力を誇る代わりにエネルギー消費も激しいので確実に倒せると言うまで使わないようにしているのだと考えられる。

ウルトラマンに負けは許されないのだ。

 

死んだと思われたハヤタ隊員だが生きていた。しかし、皆の心配をよそに、どうやって生きていたかはどうだって良いとは酷い。ちゃんと説明してほしい。

 

フジ隊員とホシノ君の会話から何をするにもムラマツキャップの指示がいるらしいがハヤタ隊員は独自に指示を出している。細かいがサブリーダーの設定がしっかり使われている。

 

ベムラーを攻撃する特殊潜航艇S16号。後にS21号やS25号も出てくるが特殊潜航艇って最低でも25台あるのか。なんか凄い。

 

ウルトラマンを何の迷いも疑問も無くすぐに応援する科特隊。当時は普通だったのかもしれないが現在の目で見ると違和感を覚える。

 

最後の会話で青い玉はベムラーの変身だが赤い玉はウルトラマンの宇宙船と説明されている。

自分が考えるにこれは嘘。何故ならウルトラマンが帰るとハヤタ隊員が死んでしまうからだ。しかし、ウルトラマンは元々はベムラー追跡の為に地球に寄ったのでそのまま留まる理由が無い。だがその事を伝えたらハヤタ隊員は「僕の事はどうなっても良いから帰るんだ」と言うだろう。そこでウルトラマンは宇宙船が壊れたので仲間が迎えに来るまで地球に留まると嘘を吐いたのだと思う。

 

今回の話は最初に関沢新一さんが脚本を書いたが、後に金城さんによって全面的に書き直されている。