読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「地底超特急西へ」 『ウルトラQ』制作第28話

ウルトラQ

「地底超特急西へ」

ウルトラQ』制作第28話

1966年3月6日放送(放映第10話)

脚本 山浦弘靖・千束北男

監督 飯島敏宏

特技監督 的場徹

 

人工生命 M1号

身長 2m

体重 180kg

相川教授が作り出した人工生命。圧縮されてゼリー状になっていたが、カメラのフラッシュでゴリラの姿になった。何故にゴリラ? 最後は宇宙空間に投げ出されて「私はカモメ」と何故かカッコ良い声で呟く。

MはMAN(人間)の意味らしい。

 

物語

地底超特急いなづま号の公開試運転に招かれざる客が乗り込んだ。それは一平、イタチ、ヘチマ、そして…。

 

感想

完全にギャグ漫画の展開で楽しめる話。

イタチとヘチマのコンビや主任と運転手等、途中の色々な積み重ねのおかげで最後にイタチとM1号が宇宙空間に投げ出されても違和感が無い。

 

タイトル画面は西を指した磁石がそのまま文字の「西へ」に変わるところが面白い。その他にも前回と今回は場面の切り替えが凝っている。

 

いなづま号は速い! ウルトラシリーズには超高速の乗り物が何度か出てくるが今回のいなづま号ほど速さを映像で感じる乗り物は少ない。

 

イタチの稼業は靴磨き。当時はまだいたのだろうか? 今回は近未来の設定ながら登場人物は放映当時のままであった。それとも未来になっても靴磨きはまだいると考えられていたのかな?

 

万城目と相川教授の場面は星川航空なのかな? いつもと違う気がする。

 

当初は「地底超特急」と言うタイトルでM1号はナメクジ状の怪物で愛嬌は無く最後もエンジンの機械部分に触れて消滅していた。それが「地底超特急西へ」に変わって内容も完成作品とほぼ同じになった。しかし、ラストの宇宙へ飛び出す場面は現場で付け加えられたものらしい。

 

本作が『ウルトラQ』の制作順における最終回なのだが、万城目達の出番も少なく、あまり感慨が無いのが残念。当初は怪獣トーナメントを予定していたらしいが、それは『ウルトラマン』に持ち越される事となった。最強怪獣を決定する話の方が最終回らしいが、あまり『ウルトラQ』らしくない気もする。