読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「ゴーガの像」 『ウルトラQ』制作第25話

ウルトラQ

「ゴーガの像」

ウルトラQ』制作第25話

1966年6月12日放送(放映第24話)

脚本 上原正三

監督 野長瀬三摩地

特技監督 的場徹

 

貝獣 ゴーガ

身長 20m

体重 2万t

6千年前にアランカ帝国を一夜にして滅ぼした。像の中で眠っていたが放射能を当てられて復活した。目から溶解液を出し、殻の先にはドリルがある。苛性カリを混ぜた爆撃と火炎攻撃によって倒された。

名前の由来は「業火」だろうか? デザインモデルはサザエとナメクジ。

 

物語

飛行場からゴーガの像と少女タミがさらわれた。犯人はタミと一緒にいたアリーンだが…。

 

感想

息を尽かせぬ展開、様々な小道具、仕掛けだらけの屋敷とスパイアクションの醍醐味てんこ盛りな話。

 

関デスクの命令で出動する由利子達。万城目と一平も既に関デスクの部下のような扱い。万城目達3人は関デスクを所長にした探偵事務所の所員にも見える。円谷プロなら『怪奇大作戦』のSRIと言ったところかな?

因みに今回の話が関デスク最後の出演。

 

かつてアランカ帝国を滅ぼした怪獣ゴーガはなんと殻がドリルになる。ひょっとしたらゴーガはアランカ帝国が作り出した生物兵器だったのかもしれない。

最後にアリーンが「街に悪が蔓延り、人々が心を無くした時にゴーガは蘇る」と語るが、もしゴーガを生物兵器とするなら、ここで言う「ゴーガ」とは単なる怪獣の名前ではなくて誤った科学の産物を指しているとも考えられる。

 

ゴーガに苛性カリを打ち込む時にどうして万城目達が行ったのだろうか? いくらなんでもそれは自衛隊の仕事だ。(1人来ていたけれど)

 

本作は当初は「生きていた化石」と言うタイトルでジュラ紀の貝殻が大暴れする内容だった。それが「化石の城」と言うタイトルに変わって汚い大人と純粋な子供の話に変わり、最終的に完成作品へと至っている。

 

今回の脚本は上原さん。『帰ってきたウルトラマン』に見られる破壊される東京の図が既に本作にも表れている。