読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「海底原人ラゴン」 『ウルトラQ』制作第24話

ウルトラQ

「海底原人ラゴン」

ウルトラQ』制作第24話

1966年5月15日放送(放映第20話)

脚本 山浦弘靖野長瀬三摩地(原案・大伴昌司)

監督 野長瀬三摩地

特技監督 的場徹

 

海底原人 ラゴン

身長 2m

体重 100kg

約2億年前の地球の支配者。漁師の網にかかった子供(卵)を取り戻しに現れた。音楽に興味を示す。子供を返された事で海に帰っていった。

『アマゾンの半漁人』がモデルらしい。

 

物語

海底火山の取材で岩根島に来た由利子達。そこには日本沈没説を唱える石井博士がいた。一方、島の漁師は不思議な卵を手に入れる。

 

感想

小松左京さんの『日本沈没』より早い日本沈没ネタ。

原案は大伴昌司さん。大伴さんの功績はここではとても全て挙げられない。とにかく怪獣の体内には色々な袋があるのだ。

 

夜中に爛々と輝く目を持つラゴンは夜の闇が似合う怪獣。でも、子供を探す為に地上に現れたラゴンは恐ろしい怪獣ではない。ひょっとしたら、ラゴンの方も人間を恐れていた可能性がある。

人間とラゴンは住む世界が違うだけの同じ地球の生物。ラゴンは地上に現れた為に「怪獣」として人間に恐れられたが、もし日本が沈没して人間が海底に迷い込む事になったら、その時の人間はラゴンに「怪獣」と恐れられるのかもしれない。

 

石井博士は周りに認められない可哀想な人かと思いきや彼にも非がある。村長が船を出さない理由はちゃんとしているし、川崎も卵を盗んだのは悪いがそれだけ石井博士が信用されていなかったと言う事だし。見る限り、石井博士はやや自己中心的なところがあるようだ。

 

逆に妹の文子はしっかりしている。

ラゴンはメス。(爬虫類なのに胸がある)

種族は違っていても子に対する母親の愛情は普遍と言う事か。だとしたら、子供を返すのは同じ女性である文子が適任だったと言える。

 

クライマックスで万城目達を助け出す一平。遂に一平の飛行技術が役に立った。順々に成長を見ていくと感慨深いものがある。