読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「南海の怒り」 『ウルトラQ』制作第23話

ウルトラQ

「南海の怒り」

ウルトラQ』制作第23話

1966年6月5日放送(放映第23話)

脚本 金城哲夫

監督 野長瀬三摩地

特技監督 的場徹

 

大ダコ スダール

身長 100m

体重 3万t

コンパス島周辺に棲んでいて船を襲う。結果的に外敵から島を守っていたので守り神とされていた。国連の航空隊の攻撃を受け、雄三とアニタ達にトドメを刺される。

名前の由来は「酢だこ」? 『キングコング対ゴジラ』等に使われた大ダコのフィルムを利用している。

 

物語

スダールに襲われて難破した雄三はコンパス島に流れ着く。そこにはアニタと言う女性がいて…。

 

感想

今回は60年代によく見られた南海もの。

『UNBALANCE』企画時に東京に大ダコが現れる「大蛸の逆襲」と言うプロットがあり、それがコンパス島が舞台になる「美女と大蛸」に変わり、雄三が登場する完成作品の「南海の怒り」に至っている。脚本は「ペギラが来た!」より早いがロケの季節の関係で撮影が延期されていた。

 

円谷英二監督は『ゴジラ』で大ダコを出す予定だったらしく、その後の東宝怪獣映画でも何度か大ダコが登場している。はっきり言ってしまえば、ただのタコなので怪獣として面白味に欠けるが本物を使っているのでかなりの迫力。ウルトラシリーズには何度かタコ怪獣が出ているが今回のスダールを超えた怪獣となると意外と思い浮かばない。

 

雄三とアニタ恋物語は良かったがスダール関係は色々と問題がある。

スダールは島の守り神とされていて、住民にとって脅威ではあるが外敵から島を守る存在にもなっていた。それを他人が勝手に倒してしまって良いのだろうか? 地域にはそれぞれの伝統や風習がある。現在の日本から見て変だからと言って、その考えを押し付けるのは良くない。もし他の地域から見て日本の伝統や風習が変だと言われたら当然反発が起きるであろう。

最終的にスダールが倒されて島が平和になったから良かったのではと言う意見があるかもしれないがそれは結果論にすぎない。他の地域の伝統や風習を自分達の価値観だけで判断して修正していく事は「侵略」とも言える。今回の話はスダールが航空隊の攻撃では倒されずに最終的にアニタを始めとする立ち上がった住民によって倒されたのでまだ救いがあった。もしこれが航空隊によって倒されていたら…。

 

今回の話の脚本は金城さん。と言う事は…。

 

関デスク、「THE END」は「ザ」ではなくて「ジ」と言います。

由利子達はいつの間にか怪事件担当班になってしまった。仕方が無いが。

関デスクに呼ばれた頼りなさそうで本当に頼りなかった通訳の南が前回の宇田川刑事と似た登場をしたので「2020年の挑戦」を見た後だとちょっと笑える。

 

雄三に突っかかっていたジラーは脚本では島の格闘大会に優勝してアニタの婿になっていた。因みにジラーとアニタの弟タラーの名前は沖縄の言葉で「次郎」「太郎」と言う意味。(弟の方が太郎なのか?)