読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「カネゴンの繭」 『ウルトラQ』制作第20話

ウルトラQ

カネゴンの繭」

ウルトラQ』制作第20話

1966年4月10日放送(放映第15話)

脚本 山田正弘

監督 中川晴之助

特技監督 的場徹

 

コイン怪獣 カネゴン

身長 2m

体重 200kg

金の亡者である加根田金男が不思議な繭の中で変身した姿。お金を食べ続けないと生きていけない。金男の父親によると頭は金入れ、体は火星人、目はお金の方へ向いてピョコーンと2本飛び出し、口は財布のジッパーなら、体は硬貨の銅みたいに赤光りする怪物で、ゴジラみたいな尻尾にはギザまで付いているとの事。ツッコミどころ満載な説明だな…。

 

物語

不思議な繭でカネゴンになってしまった金男は友達に救いを求めるが…。

 

感想

いつものテーマ曲もナレーションも無いと思ったらなんと万城目達の出番も無い。中川作品は不思議世界『ウルトラQ』の中でもさらに不思議な世界を描き出す。

 

「鳥を見た」では子供の願い空しく怪獣は去って行ったが、「育てよ! カメ」では子供は怪獣と共に旅立ち、そして今回の話では遂に子供と怪獣が同化してしまう。また、怪獣自体も古代の生物から空想的な存在へと変わっていっている。日本における怪獣の変遷が見られるようで興味深い。

 

「怪獣」とは何か? ヒゲ親父、おたすけ教の教祖。子供にとって周りにある不思議全てが「怪獣」となる。大人から見れば空想的な存在の怪獣も子供にとっては現実の一部なのだ。

 

ラストは金男の両親もカネゴンになってしまう。

日本人は皆カネゴンなのか? いや、お金とは他の動物は持っていない人間のみの価値観だ。つまり、人間は皆カネゴンなのだ。

 

中川監督は本作と同時に「キリがない」を撮影する予定だったが見送られ、本作をもって『ウルトラQ』を降板する事となった。因みに中川監督はフィルムを使いすぎるので「フィルム食いのハルゴン」と呼ばれていたらしい。