読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「宇宙指令M774」 『ウルトラQ』制作第19話

ウルトラQ

「宇宙指令M774」

ウルトラQ』制作第19話

1966年5月22日放送(放映第21話)

脚本 上原正三

監督 満田かずほ

特技監督 的場徹

 

ルパーツ星人

身長 160cm

体重 45kg

宇宙指令M774によってゼミを地球に送って危機を知らせた。ゼミの地球人名は一条貴世美。編み上げサンダルを履いている。ウルトラシリーズ初の宇宙人。宇宙船登場もウルトラシリーズ初。その他、地球人に味方した宇宙人に地球に移住した宇宙人にと様々な第1号。

 

キール星人

劇中には姿は見せない。ウルトラシリーズ初の悪役宇宙人、怪獣を操った宇宙人等々。

 

宇宙エイ ボスタング

身長 50m

体重 1万t

キール星人が地球侵略の為に送り込んだ。由利子は宇宙船だと思ったが卵の状態で地球に落下した。音に敏感らしい。戦闘機の集中砲火で倒される。ウルトラシリーズ初の…あれ? 無いや。

 

物語

由利子達はゼミと名乗る宇宙人から怪獣ボスタングが地球に侵入したと警告を受ける。その警告を信じられない万城目達だったが…。

 

感想

「宇宙からの贈りもの」と「ガラダマ」で金城さんは様々な謎を提示したが、今回の話で上原さんはそれらの謎に答えを出している。宇宙人の存在はゼミで、宇宙人が怪獣を操っている事はボスタングで、地球人の知らない宇宙のルールは宇宙指令M774でそれぞれ明らかとなった。

 

使命で地球の平和を守りに来たゼミの設定は上原さんがメインライターを務めた『帰ってきたウルトラマン』に繋がっていく。因みに金城さんの『ウルトラマン』と『ウルトラセブン』は偶然が重なって地球に留まる事となった。

 

タイプライターのように打ち出されたタイトル画面がカッコ良いが、ナレーションの無いテーマ曲だけのオープニングはちょっと寂しい。

 

最初にゼミは人形を通して警告するがこれは怖い。もう少し他に方法は無かったのか? その後のジュークボックスを通しての警告は雰囲気は良いがやっぱり怖い。

最終的にゼミは地球に来る事になったが、本当は地球に来る予定は無かったと思われる。警告はするが出来れば地球人のみで事態を解決してほしかったのかもしれない。

 

ゼミは警告を伝える相手に万城目達を選んだが、これは万城目達が宇宙人が関わった事件に何度か遭遇しているので他の人に比べて信じてくれると考えたのだろう。しかし、そんな万城目達でさえゼミの事を信じるまでかなりの時間がかかってしまった。

 

巡視船の副船長はゼミの言う事をあまり信じていなかったがこれは無理も無い。実際にセスナを遠隔操作された万城目達はともかく副船長がゼミを信じられるだけの証拠は揃っていなかった。それにゼミが実はキール星人だったと言う可能性もあったわけだし。

 

一平の操縦訓練が描かれる。かなり上達してきたらしい。連続性は無いと言われる『ウルトラQ』だがこうして制作順に見ていくと実は前回の話を踏まえた展開がある事が分かる。

 

ラストで地球には既に多くの宇宙人が住みついていると語られる。ゼミの「あなたの隣の人も…」はかなりのインパクトを残した。それにしてもどうして編み上げサンダルだったのだろうか? 当時流行っていたのかな?

 

本作は上原さんのデビュー作。上原さんは当初は「SOS東京」(後の「OiL S.O.S」)でデビューする予定だったがロケ先の関係で撮影中止になってしまった。因みにボスタングは元々は「OiL S.O.S」に登場する怪獣クラプトンとして使われる予定の物だった。