読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「燃えろ栄光」 『ウルトラQ』制作第18話

ウルトラQ

「燃えろ栄光」

ウルトラQ』制作第18話

1966年6月26日放送(放映第26話)

脚本 千束北男

監督 満田かずほ

特技監督 的場徹

 

深海怪獣 ピーター

身長 20cm~30m

体重 500g~1万5千t

学名はアリゲトータス。ジョーがフィリピン沖で釣り上げた。特殊なリンパ腺で温度を感知して体の大きさを変える。最後は炎に包まれたが…。

 

物語

連戦連勝、無敵のダイナマイト・ジョー

しかし、世界戦直前にジョーは姿を消してしまう。果たしてジョーはどこに? そして何故?

 

感想

円谷監督の降板と入れ替わりになった満田かずほ監督のデビュー作。

 

パンチが打ち抜いたような場面展開が何回か見られるが、これは『ウルトラマン』のタイトル画面へと繋がっていく。今回はジョーが消える場面等、凝った演出が色々と見られて楽しい。

 

今回のゲストであるジョーはボクサー。『あしたのジョー』を思い出すが当時はジョーと言う名前が流行っていたのだろうか?

 

前回の話で降板した一の谷博士だが今回は由利子のセリフに名前が登場している。それにしてもこの人は本当に何の博士なんだろう? いや、そこが良いんだけど。

 

ジョーはボクサーで活躍してその後はピエロでも活躍。才能があったのだろう。後は自信だけだ。劇中でもピーターを通して自己暗示をかけていたとある。しかし、段々とピーターには予言能力があると思い込み、やがてピーター無しでは生きていけなくなった。最初はジョーの中に小さくいたピーターが大きくなり、遂にはジョーの全てになってしまっていた。最後にピーターがどうなったのかは不明だが、ジョー復活の為にはピーターは消えねばならなかったと思う。

 

ジョーは世界戦に出たのか出なかったのか…。ただ一つだけ言える事は、ジョーはもう逃げないであろうと言う事だけだ。

 

今回の話の脚本は「ダイナマイトジョー Joe the Dynamite」となっている。当初はボクサーのジョーは死んだと報道される予定だったらしい。