読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「ガラダマ」 『ウルトラQ』制作第17話

ウルトラQ

「ガラダマ」

ウルトラQ』制作第17話

1966年3月27日放送(放映第13話)

脚本 金城哲夫

監督 円谷一

特技監督 的場徹

 

隕石怪獣 ガラモン

身長 40m

体重 6万t

謎の遊星人が送り込んだとされるロボット。生物的な部分もあるのでサイボーグの可能性もある。隕石(ガラダマ)の中に潜んでいて、先に送られてきたガラダマが発する電波に反応する。電波を遮断されると口から液体を流して活動を停止させた。

デザインは魚のカサゴやコチがモデルらしい。名前は「ガラダマ・モンスター」を略して。「ガラモン」と言う名前は劇中では使われていない。

 

物語

弓ヶ谷にチルソナイト製の金属が落下した。調査に来た一の谷博士達の前に第2の隕石(ガラダマ)が落下し、中からガラモンが現れる。

 

感想

実際に見ると仕草が可愛いガラモン。辺りをうろうろとしていたが、結局のところ、何をしたかったんだろう?

 

カッコ良い造語のチルソナイト。以前にリビア砂漠にも落下していたらしいが、そちらは遊星人とは無関係だったのだろうか?

 

ガラダマ落下による洪水シーンはかなりの迫力。遊覧船のおじさんは無事なのか、子供達は家に帰れたのか、色々と心配。

 

今回の遊星人は何をしたかったのか分からない。地球侵略らしいがかなりお粗末。ひょっとしたら、ガラモンを宇宙各地に送り込んで勝手に破壊させ、失敗したら自分達で直接侵略活動を行う計画だったのかもしれない。

 

今回の話で一の谷博士が降板。寂しいが最後に主役級の活躍を見せる。

 

今回の話は当初は「ガラダマの谷」と言うタイトルでガラモンは宇宙を放浪する怪獣となっていた。遊星人の侵略が付け加えられたのはその後なので、遊星人の目的が不明確なのもこの辺りに原因があると思われる。

 

円谷監督はこの話と同時に「OiL S.O.S」を撮影する予定だったがロケ先からのクレームで撮影中止になってしまい、その後、他の仕事が入った事でそのまま『ウルトラQ』を降板する事になったらしい。

逆に的場徹監督は本作がウルトラシリーズ初登板作となっている。

 

円谷監督の作品は怪獣が出る話も出ない話も全て『ウルトラQ』を代表する話になっていて、さすがメイン監督と言える。