読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「東京氷河期」 『ウルトラQ』制作第15話

ウルトラQ

「東京氷河期」

ウルトラQ』制作第15話

1966年4月3日放送(放映第14話)

脚本 山田正弘

監督 野長瀬三摩地

特技監督 川上景司

 

冷凍怪獣 ペギラ

身長 40m

体重 2万t

南極が暖かくなったので北極に移動する途中に東京に立ち寄った。…いくら温暖化したとは言え、北極より南極の方がまだ寒いのでは?

再びペギミンHで退散する。

 

物語

東京が異常な寒波に襲われ、万城目は1年前に南極で遭遇したペギラの事を思い出す。

 

感想

放映では間が開いたが今回の話こそウルトラシリーズ初の前後編。前回の設定を上手く使い、前回の話に負けない高い完成度を誇っている。

 

戦闘機の攻撃をものともせず、東京を氷漬けにしてしまったペギラ。実際に出た被害はウルトラシリーズの中でもトップクラスに入る。

 

山田さんの脚本の特徴として今回の話も逞しい子供が登場する。かつてゼロ戦パイロットだった父は苦い砂糖の東京で挫折したが子供はへこたれる事無く頑張る。彼は最後まで由利子達に哀しい顔を見せなかった。

 

その苦い砂糖の東京で挫折した沢村照男。

東京なんて氷漬けになって消毒された方が良いと吐き捨てるが、実際に氷漬けになった東京を見てペギラと戦う決意をする。戦争を肯定はしないが、そう言う生き方しか出来ない人もいる。もしペギラが現れなかったら沢村は『ランボー』になっていたかもしれない。(半分なっていたが…)

 

珍しくメガネをかけている関デスク。特ダネの為ではなくて東京を救う為に頑張る姿が素晴らしい。報道の鑑だ。

今回の話で毎日新報はメチャクチャになってしまうが後に復活する。逞しい。

 

星川航空のセスナが壊れてしまったが今回の話の後にもセスナは登場している。最初から2台あったのか、それとも新たに買ったのか。

 

「206便消滅す」でも書いたが1966年は飛行機事故が多発した為、本作も当初の予定を変更しての放映となった。