読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「ペギラが来た!」 『ウルトラQ』制作第14話

ウルトラQ

ペギラが来た!」

ウルトラQ』制作第14話

1966年1月30日放送(放映第5話)

脚本 山田正弘

監督 野長瀬三摩地

特技監督 川上景司

 

冷凍怪獣 ペギラ

身長 40m

体重 2万t

南極に棲む怪獣。口から冷凍光線を吐く。飛行する時に黒煙が舞う。ある種の苔が弱点。

名前の由来は「ペンギン」から。ただし、デザインはアザラシがモデルっぽい。気が遠くなるほど長生きしたアザラシの変種だろうか。

デザイン・成田亨、造形・高山良策コンビによるウルトラ怪獣第1号。

 

物語

南極観測基地が異常な寒波に襲われた。観測隊に参加していた万城目は3年前に失踪した野村隊員の秘密を追うが…。

 

感想

本当にセットなのかと聞きたくなるような見事な南極に感動する。

 

成田、高山コンビによるウルトラ怪獣第1号のペギラは設定や演出にも力が入っていてまさに名怪獣。

 

ペギラは劇中で動物である事が強調されていた。『帰ってきたウルトラマン』辺りまで怪獣は突飛な存在であっても一応は生物と言う表現が多かった。

 

絶大な威力を見せるペギラの冷凍光線。

絶対零度になれば無重力になると言うのは『宇宙大戦争』でも触れられた理屈。ただし、ペギラの冷凍光線による反重力現象は車だけが浮いたり磁石が効かなくなったりと磁力が関係しているようにも見える。

 

何故か特派員として観測隊に参加している万城目。一の谷博士の力かな?

 

命からがら帰って来た伊藤隊員が何故か久原隊員を襲う場面が怖かった。

 

3年も生きていた犬のサブロー。苔を食べていたかららしいが、物凄く栄養価の高い苔だなぁ。

 

本作は当初は「氷原に燃ゆ」と言うタイトルだった。マイナス130度の冷凍光線を吐いている時のペギラ自身はプラス130度になっていると言う設定が面白い。

 

本作は東宝野長瀬三摩地監督初作品でもある。脚本は山田さんだが、山田さんの『ウルトラQ』作品では子供が出ない唯一の話でもある。

 

成田さんの怪獣デザインの原則。

1、妖怪と差別化させる。

2、単なる通常生物の巨大化にしない。

3、体の一部分を壊したり生理的に不快なものにしない。