読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「甘い蜜の恐怖」 『ウルトラQ』制作第10話

ウルトラQ

「甘い蜜の恐怖」

ウルトラQ』制作第10話

1966年2月20日放送(放映第8話)

脚本 金城哲夫

監督 梶田興治

特技監督 川上景司

 

もぐら怪獣 モングラー

身長 50m

体重 2万t

木村が開発したハニーゼリオンによって巨大化したモグラ。戦車隊の砲撃を受けて地中深く逃げ込むが火山地層と衝突した。

名前の由来は「モグラ」から。劇中では「モングラー」と言う名前は使われていない。『ウルトラQ』初のオリジナル着ぐるみ。

 

物語

巨大モグラが突如出現。原因は木村が開発したハニーゼリオンらしいが、その裏には…。

 

感想

ウルトラQ』で初めて人間の悪意が怪獣を生み出した話。もっとも、伊丹は悪人と言うより弱い人間と言った方が正しいが。

 

伊丹は木村の学界進出が妬ましかったと言うが本心は愛子を想っての行動。最後にダイナマイトの爆撃を受けてもその想いは伝えたかった。

愛は強い。愛で世界を救った作品は数えきれない。

しかし、愛故の伊丹の行動は自分自身の破滅はもとより当の愛子や周りの人達にも不幸をもたらしてしまった。

愛は世界を滅ぼす事も出来るのだ。

 

脚本ではモングラー出現の原因はラゼリー・B・ワンとなっていたが、ヘリプロン結晶Gの時と同じくスポンサーが武田薬品だったのでハニーゼリオンに変更された。因みに当初はキムラ・スーパー・ゼリーと言う名前だったらしいが、さすがにそれは有頂天になりすぎてないかい? 木村君。

 

 一平が初めてセスナを操縦しているが、かなり危なっかしい。

 

万城目達は民間人なのに危険な場所にもホイホイと行けているが、一の谷博士の関係者なのが大きく関わっている気がする。

 

本作は梶田監督の『ウルトラQ』最後の作品。梶田監督は怪獣が出ない話の方が好みだったらしい。今回の話のナレーションに「アンバランス・ゾーンはあなたの心の中に…」とあるが、「変身」、「悪魔ッ子」、そして今回の話と梶田監督にとってアンバランス・ゾーンとは人間関係の歪みだったのかもしれない。