読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「206便消滅す」 『ウルトラQ』制作第9話

ウルトラQ

「206便消滅す」

ウルトラQ』制作第9話

1966年7月3日放送(放映第27話)

脚本 山浦弘靖金城哲夫

監督 梶田興治

特技監督 川上景司

 

四次元怪獣 トドラ

身長 30m

体重 2万5千t

不思議な空間に潜んでいた。206便のジェット噴射にたじろぐ。

劇中で「大アザラシ」と呼ばれるのに名前は「トドラ」。『妖星ゴラス』のマグマの着ぐるみを改造した。

 

物語

万城目達が乗っていた超音速旅客機206便が富士山上空で姿を消した。206便は一体どこに…?

 

感想

実際に富士山周辺は気候の関係で何度か異変が起きていて、今回の話はそれをSF的に解釈している。

一の谷博士が飛行機消滅の事例を挙げているが、有名なバミューダ・トライアングルが挙げられなかったのが個人的には残念。

 

不思議な空間やそこからの脱出シーンは中々雰囲気が出ていたが、206便の飛行シーンに動きが無かったり、不思議な空間でホリゾントにしわが出来ていたり影が映っていたりしていたのは残念。トドラの登場シーンはかなり良かったがダイヤモンドはどう見てもビー玉だったりと良いところがあるのだが駄目なところもかなりある話であった。

 

「宇宙からの贈りもの」では強盗に負けてしまった万城目だが今回は勝利。その万城目に負けてしまったオリオンの竜は脚本では頬のホクロがオリオン座のように三つ並んでいると説明されていた。

 

本作は『UNBALANCE』時代に撮影中止になった「幽霊自動車」の代わりに山浦弘靖さんによって書かれた。しかし、その時は先送りにされて本作の代わりに「宇宙からの贈りもの」が製作され、その後、『ウルトラQ』時代になって金城さんが怪獣出現の場面を加えてようやく撮影される事となった。

 

1966年は飛行機事故が多発した為、今回の話も放映が初回放送の最終回に廻された挙句、一時はお蔵入りの可能性もあった。