読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「五郎とゴロー」 『ウルトラQ』制作第7話

ウルトラQ

「五郎とゴロー」

ウルトラQ』制作第7話

1966年1月9日放送(放映第2話)

脚本 金城哲夫

監督 円谷一

特技監督 有川貞昌

 

巨大猿 ゴロー

身長 50m

体重 1万t

五郎と一緒に暮らしていた猿のゴローが旧日本軍の強壮剤・青葉くるみを食べて巨大化した姿。五郎を追って街に降りて来たところを眠り薬入りのミルクを飲まされて眠ってしまった。その後、イーリヤン島に移送されたらしい。

キングコング対ゴジラ』のキングコングの着ぐるみを改造した。

 

イーリヤン島の巨猿

身長 50m

体重 1万t

こちらも旧日本軍が残した青葉くるみを食べて巨大化した。ただし、こちらは島の住民と共存している。

 

物語

巨大な猿が出現! それは五郎と言う青年と一緒に暮らしていた猿のゴローが旧日本軍の青葉くるみで巨大化したものであった。

 

感想

円谷英二監督は怪獣映画の原点『キング・コング』に強く魅せられ、フィルムを入手して1コマずつ研究している。なので『ウルトラQ』にキングコングのような巨大猿が登場するのは必然だったと言える。

 

脚本は金城さん。周りと違う存在の孤独を描く金城さんの作品は彼の人生そのものと重なって見えてくる。周りと同じ言葉を使えない五郎、旧日本軍、楽園としての南の島と、今回の話は東京における金城さんの姿が見えてくる。

 

「怪獣」とは何か?

様々な答えがあるだろうが、今回の話では「怪獣」とは「周りと違うが故に社会から迫害された存在」となっている。遥か以前から人間は同じ人間に対して様々な蔑称を付けて迫害してきた。しかし、イーリヤン島の住民はゴローと同じ巨猿と共存していた。ゴローを「怪獣」と呼ぶのは日本と言う地球においては非常にちっぽけな地域のみであった。

 

ウルトラQ』は毎回のオープニングに工夫が凝らされている。今回はゴローのシルエットが効果的に使われていて、この演出は『ウルトラマン』以降のオープニングにも引き継がれていった。

 

由利子がイーリヤン島に取材に行っているので今回は関デスクが大活躍。部下に言うだけあって大した行動力。

 

ゴローが巨大化した原因の青葉くるみは脚本ではヘリプロン結晶Gとなっていたがスポンサーが武田薬品だったので変更された。

 

ゴローは人間(五郎)の味方なので後に「ゴロー対スペース・モンスター」に人間の味方として再登場する予定があった。

 

本作から特技監督東宝有川貞昌さんが登板している。

 

本作は1990年4月に「1/8計画」と共に劇場公開されている。