読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「鳥を見た」 『ウルトラQ』制作第6話

ウルトラQ

「鳥を見た」

ウルトラQ』制作第6話

1966年3月20日放送(放映第12話)

脚本 山田正弘

監督 中川晴之助

特技監督 川上景司

 

古代怪鳥 ラルゲユウス

身長 7cm~50m

体重 300g~1万5千t

第3氷河期にいた鳥の先祖の一種で10世紀中頃のインド西部にも出現している。昼間は文鳥ほどの大きさだが夜になると40m級に巨大化する。脚本では羽の所にコブがあって普通の文鳥と区別が付けられていた。

 三郎は「クロオ」と名付けていた。「ラルゲユウス」とはラテン語で「カモメ」と言う意味。確かラドンの飛び人形を改造したものだったはず。

 

物語

一夜の内に動物園から動物が姿を消し、警備員は一言「鳥を見た…」と呟く。一方、ある漁村に朽ちかけた船が出現し、その中には小さな鳥が一羽いた…。

 

感想

少年とクロオの物語がメインで事件そのものは脇に追いやられた形となっている。その為、タイムスリップについての説明は無く、ラルゲユウスが巨大化する理由も謎のままとなった。

おそらくタイムスリップはラルゲユウス自身の能力で海ならぬ時を渡る鳥だったと思われる。巨大化については998年周期の太陽黒点の異常活動と言う説明が脚本には書かれてあった。(正確には昼間は文鳥ほどの大きさに縮小していて、夜になると元の大きさに戻っていた)

 

万城目達も今回は脇役で三郎から見れば他の大人達と同じである。

万城目達の登場がかなり唐突だが、脚本では特ダネを求めて近くを通りがかっていたとなっている。それはそれでかなり都合が良すぎるが。

 

ラルゲユウスの街破壊シーンだが、スポンサーの看板を倒してしまった事が問題視され、『空の大怪獣ラドン』の映像を流用する事となった。

ラルゲユウスの飛び人形のシーンはイマイチだが、ラルゲユウスが巨大化していくシルエットは格好良い。

 

今回の話の大人達はラルゲユウスに怯えて少し滑稽に振る舞っているが、当時の怪獣に熱中する子供とそれを理解できない大人を描いているようにも見える。

脚本の山田正弘さんと監督の中川晴之助さんは本作以降も子供中心の話を多く手掛けている。

 

ラストのエンドロールが最高に良い! 映画1本を見終えたような気分になる。

 

本作は『UNBALANCE』表記最後の脚本となっている。